rekusan.net イメージ画像

2007

約30分の水牛観光を終えて、 今日の宿泊場所、新田荘へ。 食堂でウエルカムドリンクを飲みながら、 宿の案内と宿泊代の支払いをすませる。 部屋は思ったよりも大きく使わせてもらえるようで、 6畳の部屋ふたつ分、12畳で3人は十分。 まあ部屋というより大きな座敷を、
『八重山旅行記04(生活感のない島)』の画像

新田観光の水牛乗り場 準備が整うと名前を呼ばれ、 水牛車に乗り込んでいく。 20人ぐらいは乗れるだろうか。 前方はいいが、真ん中あたりだとほととんど景色も楽しめないか。 今回は運がよく最後に呼ばれたので、 一番後ろの席に乗ることができた。 太陽に照らされ珊瑚の道
『八重山旅行記03(水牛車観光)』の画像

今日の宿泊地は竹富島。 石垣到着が15時。 明日のことや天気のことを考えると、 竹富島観光の名物、水牛観光は今日中に終えてしまいたい。 水牛車の最終出発は16時。 石垣発15時45分の竹富島行きに乗らなければいけない。時間短縮のために飛行機には荷物を預けずに、
『八重山旅行記02(そして竹富島へ)』の画像

台風11号の発生で、 沖縄方面の天気予報は1日ごとに変わっている。 行く前の予報では雨か曇り… 神戸の天気は快晴で、気温は30度をゆうに超え真夏日。 ふと悔しい思いをしながら、 コンビニでビールを仕入れ、 搭乗手続きをすませる。 「本日の那覇行きは台風の影響で欠
『八重山旅行記01(石垣島へ)』の画像

↑このページのトップヘ