rekusan.net イメージ画像

沖縄方面

阿真ビーチでのスノーケリングが終わり、昼食時間には少し早かったので、午後の予定を繰り上げて無人島へ行くことに。無人島は3島ほどあるのですが、去年の印象から嘉比島をリクエストしたのですが、実際に行ってみて、潮の流れがあるから止めたほうが良いといわれました。
『vol.5 座間味島から那覇へ。』の画像

朝食も盛りだくさん。和食の日もあるんですが、今日は洋食だったようです。これから泳ぐというのに、朝からビール飲んじゃってますけどね。今回は座間味は1泊だけなので、荷造りしてから泳ぎにでかけます。午前中は、阿真ビーチ。歩くと15分ぐらいかかるので、タクシーを利用
『vol.4 海ガメと・・・』の画像

 ちょうど昼時、13時。やっぱり暑いので冷やし坦々麺。古座間味ビーチのデッキ上にある海小屋で昼食をとります。食事できる海小屋は2軒あって、どちらもメニューも豊富です。同じ慶良間の阿嘉島に比べても、設備が整っているのが良いですね。 このデッキが空いていたら、
『vol.3 古座間ビーチ2』の画像

国際どおり沿いにある「みかど」で、ゆし豆腐定食の朝ごはん。二日酔い気味なので、胃にやさしそうなゆし豆腐。卵焼きと焼き鮭もついて、600円でした。泊港北岸までタクシーで移動。9時発のクィーンざまみ1便。座間味島までの所要時間は50分。予約せずに来ている人は満席と
『vol.2 古座間ビーチ1』の画像

毎年恒例になっている高校同級生の沖縄男旅。今回は、同級生とその仕事の取引先の人とで、変則的な3人旅です。1月に札幌にいっているので面識はあるのですが、最初は不思議な感じでした。友人の家に早朝4時30分に集合。一年でも一番日の出が早い時期なので、もう明るい時間
『vol.1 沖縄版、青の洞窟』の画像

<大きな写真>楽園の果実の近くには、竜宮展望台があり、宮古島の与那覇前浜との海峡が一望できます。ここも絶景です。さすがに距離はありますが、ずっと海の底が見えるものだから、泳いでわたってみたい気もしてきますね。ちょうど窓枠が、絵の枠のようになって、景色を絵
『26 帰路(2010宮古島)』の画像

7月の宮古島のフルーツといえば、マンゴーです。お土産屋や、道路沿いのお店ではマンゴーがうっています。すごい甘くて美味しいらしいですが、結構値段ははるそうです。が、柑橘系以外のフルーツには興味ないのですが、友人が食べたいとのことで食べにいきました。来間大橋
『25 楽園の果実(2010宮古島)』の画像

池間島のビーチには、シャワーなどの施設はありません。ちなみにトイレも・・・w昨日、宿泊したサザンコーストはチェックアウト後も、シャワー使っていいとのことでしたが、個室ではなかったので、洗髪や着替えができません。ということで。2年前の時の最終日と同じ行動し
『24 与那覇前浜(2010宮古島)』の画像

少し、池間フナクスの続きで、クマノミの写真を。<大きな写真>イチハマ、ニクマ、サンカクレ・・・というのは、クマノミに描かれた白い線の数で、種類を見分けられるんですが、白い線が2本のはずのクマノミですが、小さいころは3本あるんですね。<大きな写真>特に幼魚
『23 池間大橋(2010宮古島)』の画像

この透明度の高い海、まさに宮古島ならではですが、他のビーチに比べても特段と水が綺麗な気がします。宮古島といいながらも、実際には池間島なんですがね。<大きな写真>泳ぎ始めてすぐの場所に、エダサンゴ(スギノキミドリイシ)の群集を見ることができます。ここを訪れ
『22 池間フナクス(2010宮古島)』の画像

いよいよ宮古島、最終日。パッケージツアーで予約しているホテルなので、しっかり朝食はついています。洋風でまとめてみましたが、炭水化物がたっぷりです。昨日の八重干瀬ツアーが泳ぎたりなかったのか、友人が泳ぎにいこうとのことでした。これはうれしい誤算。前日は遅く
『21 池間島へ(2010宮古島)』の画像

部屋に戻ってきて、さっそく港が近かったので、釣りにでかけることにした。近くのコンビニでビールを買って・・・ぷはー、冷えたオリオン最高ですね。かたちの上で釣りにきていますが、もう釣れなくても良い感じで、のんびり座りながらビール飲んでますw結果的に何も釣れま
『20 夕焼けと晩御飯(2010宮古島)』の画像

↑このページのトップヘ