rekusan.net イメージ画像

東海(静岡・愛知・三重)

<大きな写真>最後に、安乗灯台へやってきました。ここへ車での道は、最後離合すら難しい細い道でした。安乗灯台は、めずらしい四角錐をしています。それほど高いわけではありませんが、ここ安乗岬もかなり突き出した場所にあるので、重要な役目を果たしているのでしょう。
『志摩めぐり07 安乗崎灯台』の画像

<大きな写真>大王崎灯台から少し離れた波切漁港に車を停めました。灯台の周辺には駐車場がありますが、有料ですし、それほどの距離ではありませんので、静かな漁港の街を歩くのも悪くはありません。絵を描いている人もちらほら見かけました。シンボルのある町っていうのは
『志摩めぐり06 大王崎灯台』の画像

麦崎灯台を後にして、御座岬を目指す。<大きな写真>御座白浜というビーチにやってきました。さすがに9月末ということで、1軒をのぞいて海の家などの店は閉店していたし、泳いでいる人は皆無。10年ほど前に8月に来たことがあるが、そのときはかなり賑わっていたし、も
『志摩めぐり05 御座』の画像

260号線を一度、鵜方まで戻り、そのまま南下して、御座岬を目指します。途中、一箇所灯台がありそうだったので、看板は出ていましたが、堤防脇の細い道をとおったりと、大きな車だと若干苦労しそうな場所にありました。4台ほど駐車できそうなスペースに車をとめて、灯台を目
『志摩めぐり04 麦崎灯台』の画像

<大きな写真>浜島という漁港の街にやってきました。長くいりくんだ英虞湾の入口あたりにあります。思っていた以上に海に突き出した形をしていて、目指す昼食場所は、漁港をこえて、先端のほうにありました。前日に「浜島」「食事」チェックしていたら、ホームページがよさ
『志摩めぐり03 浜島』の画像

いつもは持ち歩いている一眼レフカメラは今回は置いてきました。実のところ、それほどテンションがあがらなかったんですよね。実際、出発するまで鼻水とまらず風邪っぽかったんで。しかし、旅が始まるとものの見事に、風邪すっかり治りました。病は気からなんですかね・・・
『志摩めぐり02 パールロードをいく』の画像

日帰りでどこかへ行こうとは決めていたのだが、当初の予定は、サイクリング。しかし、あまりこれといった場所がみつからず、最近あんまりいってない定番の伊勢志摩はどうかということでピックアップ。しかし、思いのほかレンタルサイクルが鳥羽駅より南側にない。ということ
『志摩めぐり01 伊勢神宮』の画像

<大きいサイズ>案の定、朝焼けの頃目が覚める。この時期、夜が明けるのは6時半ごろ。昨日は風が裏山にさえぎられずに海の上を風がまっていたが、この日は昨日に比べるといくぶん穏やか。朝風呂に使って体を温めて、朝食。アジの開きと、イカ刺し中心。朝ごはんなのに、イカ
『知多半島と篠島 Vol.4』の画像

<大きいサイズ>船盛りです。これもふたり分です。真鯛の姿造りに、あわびのお造り・・・贅沢すぎます。真鯛は篠島周辺ではよく釣れているそうです。身は引き締まっていて、心地よい歯ごたえが口の中に残ります。<大きいサイズ>そしてあわび・・・コリコリしていて、でも
『知多半島と篠島 Vol.3』の画像

知多半島の東側にでてきました。とっても風が強く、北風の影響で伊勢湾内とはいえ波が高かったです。師崎(もろさき)という港から、船で篠島へ渡ります。高速船でわずか10分の距離です。週末ということもあり、わりと混雑していました。<大きいサイズ>さすが12月の冬至前
『知多半島と篠島 Vol.2』の画像

12月19日今年初の大寒波がくる予報でした。北陸や岐阜方面では雪予報で、名古屋でさえ雪が降っていました。で、そんな中、知多半島の篠島へふぐを食べにいってきました。さすがに大津でも風がびゅーびゅーと吹いていました。新名神が開通してからは、愛知はかなり近く感じる
『知多半島と篠島 Vol.1』の画像

うなぎパイファクトリーが早く見終って時間が余ったので、日本三大砂丘の中田島砂丘へやってきました。期待していた砂丘というものではなく、ただの海岸のように感じました。ただ遠くでかすんで見えないほどの長い海岸は、太平洋岸ならではの砂浜という感じでした。サーフィ
『浜名湖サイクリング05(09月26日)』の画像

↑このページのトップヘ