rekusan.net イメージ画像

 2010 宮古島

<大きな写真>楽園の果実の近くには、竜宮展望台があり、宮古島の与那覇前浜との海峡が一望できます。ここも絶景です。さすがに距離はありますが、ずっと海の底が見えるものだから、泳いでわたってみたい気もしてきますね。ちょうど窓枠が、絵の枠のようになって、景色を絵
『26 帰路(2010宮古島)』の画像

7月の宮古島のフルーツといえば、マンゴーです。お土産屋や、道路沿いのお店ではマンゴーがうっています。すごい甘くて美味しいらしいですが、結構値段ははるそうです。が、柑橘系以外のフルーツには興味ないのですが、友人が食べたいとのことで食べにいきました。来間大橋
『25 楽園の果実(2010宮古島)』の画像

池間島のビーチには、シャワーなどの施設はありません。ちなみにトイレも・・・w昨日、宿泊したサザンコーストはチェックアウト後も、シャワー使っていいとのことでしたが、個室ではなかったので、洗髪や着替えができません。ということで。2年前の時の最終日と同じ行動し
『24 与那覇前浜(2010宮古島)』の画像

少し、池間フナクスの続きで、クマノミの写真を。<大きな写真>イチハマ、ニクマ、サンカクレ・・・というのは、クマノミに描かれた白い線の数で、種類を見分けられるんですが、白い線が2本のはずのクマノミですが、小さいころは3本あるんですね。<大きな写真>特に幼魚
『23 池間大橋(2010宮古島)』の画像

この透明度の高い海、まさに宮古島ならではですが、他のビーチに比べても特段と水が綺麗な気がします。宮古島といいながらも、実際には池間島なんですがね。<大きな写真>泳ぎ始めてすぐの場所に、エダサンゴ(スギノキミドリイシ)の群集を見ることができます。ここを訪れ
『22 池間フナクス(2010宮古島)』の画像

いよいよ宮古島、最終日。パッケージツアーで予約しているホテルなので、しっかり朝食はついています。洋風でまとめてみましたが、炭水化物がたっぷりです。昨日の八重干瀬ツアーが泳ぎたりなかったのか、友人が泳ぎにいこうとのことでした。これはうれしい誤算。前日は遅く
『21 池間島へ(2010宮古島)』の画像

部屋に戻ってきて、さっそく港が近かったので、釣りにでかけることにした。近くのコンビニでビールを買って・・・ぷはー、冷えたオリオン最高ですね。かたちの上で釣りにきていますが、もう釣れなくても良い感じで、のんびり座りながらビール飲んでますw結果的に何も釣れま
『20 夕焼けと晩御飯(2010宮古島)』の画像

今日の宿泊は、ホテルサザンコースへと変ります。理由はいつものとおり、パッケージツアーで1泊でも安いホテルを利用するほうが、航空券が安いから。で、今回はここのホテルが一番安かったわけですが、昨日までのピースインに比べても断然グレードアップ。とても施設は綺麗で
『19 東平安名崎(2010宮古島)』の画像

<大きな写真>八重干瀬からの帰りは、よく波をかぶりましたが、まあ思っていたよりはたいしたことありませんでした。池間大橋近くなると、海の色ががらっと変ります。南西の風だったので、西平安名崎の影になっているので、波は穏やかです。エメラルドグリーンというよりは
『18 マーレクルーズ5(2010宮古島)』の画像

<大きな写真>訪れたのは2回目なんですが、八重干瀬というだけでなんだかプレミアム感を感じます。毎回、天候状況でこれるか微妙な感じだったので。まあさすがに珊瑚は元気でしたが、海に入る前に説明があって、ここの珊瑚の根の反対側や、浅い部分は、オニヒトデの影響で
『17 マーレクルーズ4(2010宮古島)』の画像

1回目のスノーケルポイントで約50分間。ここでランチタイムです。穏やかな海の上であれば、問題はないのですが、船を止めると波の影響を受けるので、アンカーで固定して、そこを中心に微速で動き続けます。まずはサラダがお皿に入れられて配られました。スタッフが野菜を
『16 マーレクルーズ3(2010宮古島)』の画像

<大きな写真>前回、魚が少ないと書いたのだが、エッジの落ち込みでは、結構小さい魚は群れている時がありました。こちらはクラカオスズメダイの群れ。ロクセンスズメダイに比べて、全体的に淡い色をしています。<大きな写真>こっちは、おなじみのデバスズメダイの群れで
『15 マーレクルーズ2(2010宮古島)』の画像

↑このページのトップヘ