rekusan.net イメージ画像

 2009 石垣島

米原海岸から石垣市街地へ。最後にもう一度、一日目の夕食に食べた味噌そばを食べに、キミ食堂にいってみました。朝からたっぷりとバイクにのって、泳いだのでかなり空腹。スタミナそばを注文しました。味噌そばに比べても、具のボリューム感はかくだんに増しました。ホルモ
『18 帰路(09月22日)』の画像

川平タバガーは海は綺麗だったのですが、珊瑚もなく、人もまったくいなかったので、米原海岸へ再び向かうことにしました。米原焼きという焼き物の工房があります。派手な色のシーサーのお土産がよく売っていますが、ここのものだったんですね。結構大きくて目立つので、記念
『17 米原海岸再び(09月22日)』の画像

いよいよ最終日となりました。朝食プランつきになっていたので、オープンとほぼ同時にレストランへ。ひさびさにまともな朝食をとりました。さすがに連休中とあって、すぐに満席となりました。15時の飛行機で石垣を離れますが、こんないい天気ですから、最終日も泳ぐことにし
『16 川平タバガー(09月22日)』の画像

石垣最後の宿泊は、ベストイン石垣。JALのダイナミックパッケージで1泊分のセットとして手配。泊まったことはないがスーパーホテルみたいな感じで、わりと機能的に作られている。1階の駐車場側の一番フロントに近い部屋。おそらく眺望としては、ホテルで一番悪いでしょうw
『15 最後の夕陽(09月21日)』の画像

4本目、最後のポイントは竹富島港の東です。ここは一昨年も訪れたポイントです。だいぶ太陽も傾いてきて、日差しが弱くなってきました。それでも船の上からでも、珊瑚が確認できるほど透明度は高いです。<大きな写真>前回も思ったのですが、ここのポイントは水がぬるい感
『14 ピュアマリンクラブ4(09月21日)』の画像

次のポイントも竹富島の北側です。波のないポイントを探して、船を停めます。左上の場所は波があるけど、このあたりは波が収まってます。ちょうど珊瑚で波がさえぎられています。<大きな写真>エダサンゴワールド。これだけ密集して育つものなんですね。折れている珊瑚はぜ
『13 ピュアマリンクラブ3(09月21日)』の画像

2本目は竹富島の北へやってきました。まだ台風14号のうねりがのこっているため、南東側からの波をよけるポイントでのスノーケルです。さっきのポイントよりも透明度は良さそうです。遠くにいくと潮が流れているので、気をつけてとのことでスタート。珊瑚の間のくぼんだ場所
『12 ピュアマリンクラブ2(09月21日)』の画像

午後からはピュアマリンクラブでスノーケルをお願いしています。バイクがあったので直接集合場所の大川漁港にむかいました。ピュアマリンクラブさんでスノーケルするのは4回目。今年で2回目です。毎回貸切状態でしたが、今回はほかのお客さんと初同乗。家族二組さんといっし
『11 ピュアマリンクラブ1(09月21日)』の画像

予定通りに野底マーペーから降りてきてから、再び石垣市内へ戻ります。途中に建設中の石垣空港が見れるということだったので、少しよってみました。紆余曲折あったものの建設はかなりすすんでいるようです。以前は、空港をさんご礁の海の上につくるということだったらしい。
『10 石垣牛見て、石垣牛(09月21日)』の画像

5日間の石垣旅行も、4日目。3泊したお宿「アートボックス」も今日で終わりです。男子ドミトリー・・・ちょっと位置づけが難しい。一応個室は個室ですが。整然と並んでいて、結構綺麗。エアコンがきいててヒンヤリ。通常より少し大きめのセミダブルの部屋です。1泊2,100円
『09 野底マーペー(09月21日)』の画像

少し時間があったので、JTAの機内誌にのっていた川平湾先にある隠れビーチを探すがどこにあるか分からず。そのままクラブメッドカビラのある川平石崎をぐるっとまわる。ちょうど日差しも和らいできて、身体にあたる風がとっても気持ちいい。小腹がすいてきたので、おやつ
『08 名蔵湾の夕陽(09月20日)』の画像

エッジ際までくると枝珊瑚が綺麗でした。リーフ内でこれほどの珊瑚は今までみたことない。<大きいサイズ>一面の枝珊瑚。この奥は極端に干潮で浅瀬になっているため、泳ぐのはかなり至難の技。ダツですかね・・・すごいとんがってますし、でかい。明かりに向かってくる性質があ
『07 米原海岸その2(09月20日)』の画像

↑このページのトップヘ