rekusan.net イメージ画像

2009 南米(後半)

01 プレミアムエコノミー02 極寒のニューヨーク03 ペルーの首都リマ 04 リマの旧市街地へ05 地上絵ナスカ 06 長いバスの旅路、クスコへ07 雨の町クスコ 08 人生一度はマチュピチュ 09 ピサック日帰り10 プーノ行きツアーバス11 富士より高いティティカカ湖12 2カ

ニューヨークを13時すぎに離陸して食べた機内食は、時間的に昼食。離陸して12時間後に出てきた機内食は、日本時間で14時。半日たって、日付は変わっているけど同じ時間。窓は閉めて機内の照明は落としているけど、外はずっと明るいしなんか変な気分。太平洋を横断し、日本の

BALDUCCI'Sという食料品店。昨晩、タイムズスクエアでお土産になりそうなものを物色したけど、「I love NY」のグッズばかりで、良さそうなものが一切なし。昨日、少しだけ店内に入ったときに、良さそうなので行ってみました。スパイスや調味料を50USDほど、お土産として購入

泊まっているかくれ家の共用スペース。他に3部屋ありますが、滞在中誰とも会いませんでした。日中にいることはほとんどなかったしね・・・。右の建物は、ポート・オーソリティー・バスターミナル。マンハッタンのバス基地です。モーニングセット3.5USD、ベーグル1.5USD、コーヒ

American Airlilnes 904便リオデジャネイロ20:20発、マイアミ翌04:00着。 軽い朝食がでてきました。まだ深夜3時なのですが・・・眠い。 深夜に起こされて、機内のテンションはとっても低い。 マイアミに着陸。さすが朝4時はまだ真っ暗。国内線への乗継ぎですが、

朝食会場は結構混雑します。さすがに9時オープンって、結構遅すぎるので、みんな待ち構えてます。基本的に毎日同じスタイルでしたが、バラエティー豊か。1泊12ドルからしても納得。手作りのチョコケーキはなかなかの美味でした。すぐになくなるので、やっぱり9時オープ
『03月30日 南米最後の一日』の画像

明日は夜便とはいえ、いよいよ南米を旅立ちます。だいぶ切なくなってきたな・・・泊まっていた宿「Cheolagarto Copacabana」。チェラガルトは南米で徐々に増えてきているユースホステルのチェーン。ホームページから事前に予約しておきました。共用スペースは綺麗だし、わりと満
『03月29日 日曜日は閑散と・・・』の画像

思っていたよりも朝食は充実。フランスパン、チーズ、ハム、コーヒー、ジュース。あとフルーツ、パンケーキが食べ放題。まあ朝っぱらから・・・というか前日からビールを飲み続けている欧米人たちもいる。ユースホステル的な位置づけの宿なので、みんな結構若い。昨日はマナウス
『03月28日 ビーチとサッカー観戦』の画像

寝れず・・・2:26ようやくリオデジャネイロ行きの案内が表示される。まだ1時間半もあるな・・・ていうか、なんでこんな時間に飛ぶんだろ。搭乗した機材はヴァリグブラジル航空のものでした。若干機材到着で遅れましたが、ようやく少しの眠りにつくことができそうですzzzあっと
『03月27日 南米最後の都市、リオデジャネイロ』の画像

地下のレストランで朝食を早めにとります。チェックアウトの時間までに、マナウスの町を歩こうと思いましたので。目指すはマナウス中央市場。正面の建物もマナウスの市場の一部だったようですが、市場自体は現在は近くに移動して、建物だけが歴史を物語っています。ネグロ(
『03月26日 アマゾンの中心都市マナウス』の画像

アマゾンツアー3日目。この日は朝の予定がなく、のんびりとした朝を迎えました。厚い雲が空を覆っていますが、なんとか雨はまだ降っていません。これも自分の為だけの朝食。ほんとセットメニューでもいいんですが・・・でも、残ったものは従業員さんが食べるので、ちょうど良い
『03月25日 アマゾンツアー3日目』の画像

起こしに来るということでしたが、自然と5時10分前に目が覚めてしましました。やばいなこの体内時計…わずかな希望を持ちながら、船を出しましたが、厚い雲に覆われて朝日を見ることはできず。あちこちでナマズが水面まできて顔を出していました。朝食のビュッフェです。
『03月24日 アマゾンツアー2日目』の画像

↑このページのトップヘ