rekusan.net イメージ画像

2009 南米(前半)

宿は6人部屋です。ベッドがしっかりしてるので寝心地はいいです。結局、昨日行こうとしていたペンギンツアーを申し込んでいました。わりと人気のツアーらしく満席。ペンギンは日本だけでなく世界中で人気があるようです。景色のいい場所で停まってくれます。枯れ木のあるポ
『03月03日 満喫ウシュアイア』の画像

朝食付と期待してましたが、パンとコーヒーだけでした。キッチンがあるので、それぞれ何かしら持ち込んで料理してます。ウシュアイアは、坂の町。ビーグル水道と呼ばれる海峡が見えます。港がありますが、南極行きの船が何隻が停泊してます。そのビーグル水道をクルーズする
『03月02日 曇天の最南端ウシュアイア』の画像

ホテルモンテカルロ。椎名誠の本に出てたそうですが…朝8時ですが、ぜんぜん人がいません。完全な夜型の国ですな。。ウシュアイア行きのバス。30,000チリペソ(約5,000円)ですから、かなり高い。全員が観光客でした。だいたい10時間の移動です。9時出発。町をはずれるとこ
『03月01日 フエゴ島の移動』の画像

6時に最初の便が到着したときに、シャトルバスで街中へいくことに。でも、外はまだ真っ暗。海が見えてきました。これこそマゼラン海峡です。よく学校で習っただけに、結構感動もの。重い荷物をかかえたまま、海へ向かいました。マゼラン海峡の日の出を見れたことで、ん〜空
『02月28日 マゼラン海峡を望む街』の画像

いろいろと情報を調べているとここから南下していく時に、もしバスで移動すると必ず30時間の移動が絡んでくるようです。ということで、ここは飛行機を使いどころ。ここからはプンタアレーナスという町までは、LAN航空とSKYエアラインズが飛んでいます。SKYは格安航
『02月27日 消化不良日』の画像

昨日バスターミナルで申し込みをしていたチロエ島へツアーで参加します。スペイン語ツアーなので、ぜんぜん意味がわかりません。というより年齢層がかなり高いので、老人会のツアーにでも紛れ込んだ感じ。しかも、プエルトモンは雨…昨日と同じパターンでどんどん晴れてきま
『02月26日 チロエ島日帰り観光』の画像

夜が明けてきました。これでまだ朝8時ぐらい。日が暮れるのは遅いのに、午前中が短くて、午後がほんとに長い。そしてさらに南下したからもっとひどいんだろうな。まあ旅行してる分には、かなり得した感じです。途中までは晴れていたんですが、プエルトモンはどんよりと曇っ
『02月25日 港町プエルトモン』の画像

サンチアゴまで来たのだが、今後のルートがまだ決まっていない。パタゴニアへいくのは確定なのだが、ブエノスアイレスから入るのか。またはこのまま南下していくのか。いづれブエノスアイレスへは行くことになるので、このままチリを南下してみることにした。チリもまだ泊ま
『02月24日 サンチアゴぶらぶら』の画像

ホテルは朝食つき。パンはすかすかのトーストですが、まあ15ドルで朝食つきですからこんなものかな。昨日の夕方にサンチアゴの見所を散策してしまったので、世界遺産の町でもあるベルパライソまででかけることにしました。夜の便で移動するD君といっしょに行動します。ま
『02月23日 芸術的なバルパライソ』の画像

夜食用のパンとジュースが就寝前に配られました。車内では映画やギャグのテレビが放映。しょうもないギャグにみんな笑ってました。7時をすぎてようやく明るくなってきます。朝食代わりのビスケット。バス会社のオリジナルパッケージというのがすごい。昼をすぎて、ようやく西
『02月22日 23時間のバスの旅』の画像

5時に出発する頃には、外はまだ真っ暗。というか、出発10分前でも、ドライバーは完全に大きないびきをかいて寝てました。まあさすがに疲れはたまってるでしょうけどwMICHINA GEYSERSという間欠泉の吹き上がる場所に到着。まだようやく明るくなってきたところ。幻想的な風
『02月21日 ツアー終了、チリへ。』の画像

朝6時に起きて、まだ暗い中シャワーを浴びました。約2日ぶり。かなり気持ちいい。7ボリ(100円)払うとホットシャワーになります。朝食はトーストとホットのお茶類。まだあるのかと思っていたら、ランチ用の料理をしていただけでした。この小さいコンロで料理するのは
『02月20日 火山地帯ドライブ』の画像

↑このページのトップヘ