rekusan.net イメージ画像

 2008 宮古島

伊良部島へのフェリーで乗れそうなのは、 17:50・・・。その次が18:30・・・ まあ夕陽が見れそうな天気ではないのだが、 せっかく夕陽を見える宿をとったので、ぜひとも17:50には戻りたい。 夕陽を見るには18:30でも間に合うのだろうけど。 宮古島の一番東から、平良港まで距離
『伊良部島へ(宮古島旅行記7)』の画像

東平安名崎・・・ 「ひがしへんなみざき」 沖縄らしくなかなか読みにくい地名。 雑誌などで宮古島を紹介されると 間違いなくここの写真がでてきます。 ちなみに日本百景のひとつにも数えられています。 名前から想像できるとおり、 宮古島の一番東の端にあります。 後からわ
『東平安名崎(宮古島旅行記6)』の画像

陸にあがって無料休憩所で休憩。 普通だと何か注文しなければいけなかったり、 そういう雰囲気になるのだが、 新城海岸はほんとうに商売気がなく、 店の売り子さんたちもいい人ばかりで、 違う意味でもとても気持ちのいいビーチ。2つのお店が、2つの休憩所を出している。ほ
『新城海岸 海の中2(宮古島旅行記5)』の画像

透明度もなかなかのようだし、 綺麗な水のおかげで、上からもよく珊瑚が見える。 大潮の干潮時、 海岸線のリーフ付近は完全に干上がっているし、 そのほかの場所も水面近くまで珊瑚がせまっていて、 とても自由に泳げる状態ではなく、 珊瑚の合間をぬって、探検していくよう
『新城海岸 海の中1(宮古島旅行記4)』の画像

当初の予定ではこの後、 すぐに伊良部島・下地島へフェリーで渡る予定だった。 一応、フェリーは通常通り運航しているらしい。 この日の宿は伊良部島に予約してあるので、 とりあえずは渡らなくてはならないのだが。 何度も台風に遭遇しているおかげで、 風や波、また海岸の形
『新城海岸へ(宮古島旅行記3)』の画像

宮古空港は思っていたよりも、 小さい空港だった。 搭乗ゲートはわずか3つしかない。 今回は4日間レンタカーを借りることにしている。 日産レンタカーの青色のノート。 宮古島の青い海に勝るとも劣らない鮮やかな青色だ。 まずは昼食をとりに市内中心部へ。 無料のガイドブ
『宮古そば(宮古島旅行記2)』の画像

関西から宮古島への直行便はない。 いったん那覇空港での乗り継ぎが必要となるのだが、 できるだけ早く宮古島で遊びたいということで、 無謀にも朝7時10分に 関西空港を出発する飛行機を予約。 しかし、これに間に合う公共交通機関がない。 仕方がないので、友人の友達の
『那覇経由、宮古島へ(宮古島旅行記1) 』の画像

↑このページのトップヘ