2015_0617_0737
11:00までの出発まで時間があるので、
中心部の観光エリア以外を散歩してみます。

2015_0617_0800
8時ごろはちょうど登校時間帯だったようで、学生がたくさん。
中心部から10分も歩けば、町の端にたどりついてしまう小さな町だけど、
子供がたくさんいるように感じた。

2015_0617_0807
塔が見えると絵になる。
あれ、また赤い帽子のロバのおじさんがいるんだけど…

2015_0617_0830
中心部にほとんど車が入ってこないので、街中はとても静か。
実際に車を使う人は不便だろうけど、よい取り組みだと思いますね。

2015_0617_1010
ハバナクラブのラム酒。
結局、ひとりで1本空けてしまった。
5.5CUC(約704円)

2015_0617_1028
ハバナまでのタクシーはクラシックカーではなく、残念。
しかし、出発時間の30分以上前にやってくるとはいい心がけですね。

2015_0617_1109
お世話になったCASAのオーナーさん。
服装のカラフルさが半端ないな〜〜。
最後に宿代と夕食代の支払いです。
宿泊代1泊7.5CUC(約960円)×2泊、夕食代10CUC(約1,280円)

map-20150617
キューバは小さな島国のイメージだったけど、結構広くて長さは1,260kmもある。
アメリカのフロリダ半島の長さが500kmなのでざっと2倍以上。
近くに思えたハバナまでも300km以上あった。

2015_0617_1139
最初は、カリブ海沿いを走ります。
ハバナまでは1台80CUC、ひとりあたり20CUC(約2,560円)。

2015_0617_1250
後部座席の3人は出発してすぐに爆睡モードだったので、
ずっと二人で会話してた。

2015_0617_1258
キューバらしい景色、両サイドにはサトウキビ畑。
ソビエト連邦崩壊にともなって砂糖の輸出量は半減したらしい。

2015_0617_1341
ドライブインで昼食休憩。
ピザ風パン0.45CUC(約58円)とメロンソーダ0.5CUC(約64円)。
キューバで炭酸系飲料はほぼ銘柄で、コーラ風飲料もこの銘柄。
食べ物に比べると工業製品を使うようなものは割高な傾向にある。

後部座席3人は声をかけたがそのまま寝てるということで、
ドライバーと二人で昼食。

2015_0617_1418
シンフエゴスを超えてからハバナまでは高速道路。
片側三車線もあるし、アスファルトはかなり固めにつくられている。
緊急時に滑走路として使うためとかあるのかな?
眠くなりそうだけど、単調だけどキューバの景色を目に焼き付けておく。
実際には街らしいところもなく見どころは何もなかった。

2015_0617_1458
突然土砂降りの雨。
まさに南国のスコールというほど降りました。
これで涼しくなってくれると良いなあ。

2015_0617_1548
後部座席3人は道中ずっと爆睡だったので、おかげで仲良くなりました。
基本キューバ人って陽気でいい人が多いんだけど、
ほんと初日で何人かのたかりに出会って、嫌なイメージついたのが残念。

2015_0617_1650
再び同じカピトリオハウスに宿泊します。

2015_0617_1637
小腹がすいたので…サンドイッチ。
1CUC(約128円)。

2015_0617_1752
日本人が日本食出している店があるとの情報で足を運んでみました。
レストランというよりはテイクアウト店の前で立ち食いスタイル。
それにしても安くないか?

2015_0617_1817
かつ丼1.75CUC(224円)
ちょっと醤油が濃い目だったけど、本格的でびっくりした。
さすが日本人の作る味。
ボリュームも満点なので、この値段が信じられない。

01
もともとのメンバーと宿にいた日本人同士で飲みにいきました。
飲みながら意気投合して翌日にみんなでビニャーレス渓谷にいくことに。
自分は楽しみだったハバナの街をゆっくり見たかったので…