ここ下地島には日本で唯一の飛行訓練用の空港があります。

さすがに海の日の3連休なので、
訓練も休みなのかと思いきや、
朝食後にすぐにJALの機体が着陸してきたので、休みはなさそうでした。



綺麗な海を眺めながらしばらくすると、
ANAのB767が滑走路に向かってきました。
どうやら練習開始のようです。



そして、南国の空へ旅立ちます!
訓練ということは、コックピットには、
緊張した空気が流れているのかな・・・

離陸して、すぐに右旋回して、
ちょうど下地空港の西側をとおりすぎていきました。
そして北側から着陸コースで進入してきます。



着陸体制にはいっていたのですが、
滑走路に着く前に、再び浮上していきました。
そして滑走路の上空をクロスするように、
北の空へ消えていきました・・・あれ?

すると今度はANAのプロペラ機(DHC-8-400)が離陸してきました。
再び同じようなコースをたどってやってきます。



機体が小さいので、あまり迫力がない・・・

それにしても、こんな綺麗な海で、
訓練できるなんて幸せだなあ。
どうせ客席は誰ものっていないんだろうし、
お金を払ってでも乗せて欲しい。

春から夏にかけては、
南からの風が多くなるために、
エメラルドグリーンの海に誘導灯があるコースからの進入になります。
ちなみに秋から冬は北風が多くなるので、
このようなシーンを見ることはできなくなります。



南国の青い空に白い機体のコントラスト、
ANAのブルーカラーがとても綺麗。

結局、この小さいANAのプロペラ機が
何度もタッチアンドゴーを繰り返すだけでした。
最初は楽しくみてましたが、さすがに同じ飛行機では
飽きてきました。

B767はいっこうにかえってきませんでした。
JALはまだ離陸する雰囲気もない。
午前中はまだ島内のほかの名所をみたかったので、
後ろ髪をひかれる思いで、この場所を後にしました。

飛行機マニアにはほんとたまらない場所でしょうね。
いや、それじゃなくても、こんな綺麗な海なら、
1日中見てても飽きないでしょうけど。