rekusan.net イメージ画像

更新情報

パラオ滞在3日目。インパックツアーさんのロックアイランドツアーに参加。ツアー会社としてはパラオで一番大きいようで、ホテル前に迎えに来たときには、大型バス2台がほぼ満車になりました。1組の欧米人が寝坊したらしく、30分以上待ちぼうけくらいました。ホテルロビー
『05 ロックアイランドツアー1』の画像

海の色の変化を楽しみながら、5ポイント目へ移動中です。隆起珊瑚でできたパラオは、石灰質でできているので、侵食されやすく、どの島も、水際は大きく入り込んでいます。侵食された石灰質の砂が、海底にたまっていきます。よってこのような白い砂地の場所が多いようです。
『04 スノーケル三昧ツアー3』の画像

ビッグドロップオフ、ワンダーチャネルと2ポイント泳いで、3ポイント目に移動中です。だいぶ天気が良くなってきました。アイランドホッピング!第3ポイント、クラムシティ。名前のとおり、貝の街です。大きなシャコガイが群生しているポイント。ちなみに後ろの島は、イノキ
『03 スノーケル三昧ツアー2』の画像

今日のスノーケル三昧ツアー(外洋)。ホテルから徒歩3分のNeco Marineが主催のツアーなので、歩いて向かう。一通り支払いをするが、ロックアイランドパーミットという許可書が必要で、これがひとり100USDもする(つい最近まで50USD)。ツアー代145USDを加えると、すごい高い
『02 スノーケル三昧ツアー1』の画像

年末年始、というよりは、年明けにパラオにいってきました。きっかけは、ただJALマイルでの空席があったということ。以前から行きたい場所でもあったのですが、関西からは直行便がなく、行きも帰りも、グアムで乗り継ぎする必要がありました。グアムでの乗り継ぎは、アメ
『01 パラオへ』の画像

ホテル預けていた荷物を引取って、空港へ向かいますが、いったん地下鉄で龍陽路駅へ向かいます。日曜日ということもあって、駅構内、地下鉄とも混雑していました。とにかく習慣というか、列車待ちでは、並びません。地下鉄が入ってきても、降りる人、乗る人、ごちゃごちゃで
『26 Return to JAPAN(Last part)』の画像

上海はそんな暑い南国とういイメージがなかったのですが、早朝は良かったのですが、どんどん気温があがってきてまるで夏のようです。とりあえず暑くなる前に、豫園までいってみることにしました。豫園までは、地下鉄で1駅ぐらいの距離なので、ぶらぶら歩いていきました。朝8
『25 Shanghai』の画像

深夜1時すぎに寝たというのに、5時半に目が覚めた。カーテンを開けるとまた太陽が出ていない。急いでカメラを持って出かける準備をする。ホテル玄関から出て、2ブロック先は、外灘という便利な場所にある。しかし、中国人は朝が早いというイメージだったが、人通りはかな
『24 Morning in Shanghai』の画像

時間通りに飛行機がゲートにあるのを見て、かなりホッとさせられました。CA986便サンフランシスコ14時50分発で、上海には翌日の22時15分着。北京での入国審査もあって、別の飛行機に変わるので、ほぼ乗継ぎ。なんでこんな面倒くさいことしたのかと後悔しましたが、当初は、ま
『23 To Shanghai via Beijing』の画像

サンフランシスコへほぼ直行することになりますが、内陸側のインターステイトを走るか、海側の州道を走るかどちらが早いかを、フロントスタッフに聞きましたが、どちらもそれほど変わらないということだったので、眺めの良い海側の道を走ることにしました。州道1号線を北上
『22 West Coast Drive』の画像

目が覚めてべランダに出てみるが、昨日の到着時のようにどんよりとした空。おまけに結構ひんやりとしている。やっぱりアラスカ海流の影響なのだろうか。せっかく目が覚めたので、モントレーの観光中心地、キャナリーロウを歩いてみる。朝6時半は、さすがに朝早すぎるのか、
『21 Monterey Bay Vol.2』の画像

一度、降りるインターを間違ってしまい、たまたまモントレーの水族館のフラッグがあったので、このあたりかなとウロウロしてしまいましたが、結局場所はぜんぜん違いました。なんとかリカバリーして、ホテルに到着。ナビはないし、州の大きな地図、ガイドブックにのってる中
『20 Monterey Bay』の画像

↑このページのトップヘ