黒部源流・雲ノ平を目指して2日目(鷲羽岳・雲ノ平)

山登り
山登り

1うもガスってしまって、天気が悪いようです。
自分は写真のためにきてるので、テントで待機。
朝ごはんもテント内で。

わりとうまいです。
しかしボリュームがない・・・

7時まで待ちましたが、まだ晴れません。
これ以上遅いと、雲ノ平への影響があるので、とりあえず鷲羽岳を目指します。

さすがに曇っているだけあって、雷鳥さんがでてきました。

お~~っと晴れ間に期待。
延々と登りが続きますが、テントに荷物を置いてきているので、すごい身軽。

やっぱり日帰りっていいね。

山頂付近にある鷲羽池。
晴れていればこの奥に槍ヶ岳・・・

鷲羽岳2,924m。
登頂ですが、ガスがすごい。
20分待ちましたが、晴れず、そして誰も来ない。
時間ずらした影響かな。

仕方ないので、次のピークのワリモ岳へ。
稜線歩きは気持ちよいですが、このアップダウンがしんどいですね。

稜線上は、風が強いので、小柄な高山小物が多い。

鷲羽岳よりいっきに下ってきました。

そして、ワリモ岳へ登り返し。
下ってきたばかりなので、登りがきつく感じます。

ミヤマコゴメグサ。

ワリモ岳2,888m頂上。
こんな天気なので、岩に登りたい気持ちもゼロ。

裏銀座、野口五郎岳へと続く稜線。
いつかは行ってみたい。

ワリモ岳分岐。
朝早くから晴れて出発していれば、いく予定だった水晶岳。
行けないことは無さそうですが、雲の平でゆっくりしたいので今回はパス。

雲ノ平へいくために、祖父岳を目指します。
下って登ってを繰り返します。

岩苔乗越から水晶岳へのカールは、花が満開。

このカール内部へ進むと、高天ヶ原温泉があります。

しかし、往復5時間半では気軽にいけませんね。

ハクサンイチゲ。

やっぱり、今年はコバイケイソウがすごい。

祖父岳の頂上付近。

ガスだと迷いやすいのか、青いロープ、

そして無数のケルンがあります。

祖父岳から雲ノ平を眺めます。
ちょっと晴れてきた!

雲ノ平の登山道の大半は、木道です。
このエリアは登山というより、散歩。

雲ノ平エリアに入ると、花がすごいことになってます。
想像していた以上の楽園です。

木道が続きます。
まっすぐだとかなり近そうなんですが、
いったん雲ノ平台地の際までまわりこみます。

まっすぐいけない理由はこれ。
植生復活のために仕方ないですね。
真っ直ぐ行ったら近そう・・・

天国のような場所です。
月並みのような言葉しか思い浮かびませんが。

人が少ないのも良いですね~。

コバイケイソウがここでも満開。

チングルマです。
木道脇もいたるところに花が咲いています。

雷鳥の親子に遭遇。
天然記念物らしいのですが、最近よく会います。

かわいい泣き声で子供たちを見守っていますよ。

雲ノ平山荘に到着。
木造の綺麗な建物でした。
泊まりたかったな~。

お昼ごはんの焼きそば700円。
ちゃんとした料理は美味しいです。

雲ノ平山荘から、少しだけ足を延ばして、
アルプス庭園へいってみます。

アルプス庭園=祖母岳でした。
天気がよければ良さそうな場所ですね。
左は水晶岳、右は祖父岳。

贅沢をいえば、やっぱり晴天であってほしかった。

雲ノ平は、その溶岩大地。
ごつごつとした岩も目立ちますが、それ以上に花が咲き誇っています。

名残惜しいですが、雲ノ平を後にします。
祖父岳の分岐点まで、同じ道を戻ります。

チングルマ。
こんな素晴らしい場所なのに、奥地なので人が少なかった。

何度も、何度も、振り返ります。
雲ノ平は、それ自体がお花畑のような場所でした。

帰りは、水晶岳を正面に歩いていき、
この後、雲ノ平の淵を歩きます。

雪渓が残っている場所が多いので、顔を洗う場所には困りません。
おそらく飲めると思いますよ。

祖父岳分岐点からは、黒部源流方向へ。
このあたりは、雲ノ平の日本庭園かな。 

祖父岳のまわりには火山岩のような岩がごろごろ。
その合間に、花が競い合って咲いています。

雲ノ平ともそろそろお別れです。
また晴天のときに、のんびり泊まりたい。

雪田を過ぎると、いっきに下降していきます。
槍ヶ岳方向の天気がだいぶ回復してきたようです。

奥に見えるのは黒部川源流。
それにしてもこのあたりの花は種類も豊富で見事。

黒部川まで下って、また三俣山荘まで登り返し。
岩にマークがしてありますが、結構ルートを間違いそうなポイントがあります。

黒部川を渡りますが、恐る恐る渡りました。

この先が黒部川の源流。
まだ雪渓がたくさん残っています。

黒部源流の碑があるそうなのですが、写真を撮り損ねました。
またコバイケイソウが満開。 

三俣山荘まで登り返しますが、
水の流れが多いエリアのようで、高山植物が豊富でした。

花花花。

ひさびさに高い木をみた気がします。
水が豊富で、くぼ地になって風が弱いから、生きていけるのかな。

三俣山荘のキャンプ場に戻ってきました。
まだ少し空きスペースがありますね・・・引っ越そうかな。

昨日から設置したままなので、すぐくつろげます。
雪渓から遠ざかりたかったのですが、良い場所もなかったし、
面倒くさかったのでそのまま。

ビールより、炭酸のきついチューハイにしました。
昨日より心の余裕があるので、美味しく感じました。

本日もフリーズドライの夕食。

フリーズドライ親子丼、すごいふわふわして美味しかった。
これおすすめです。

鷲羽岳がはっきりと見えています。
朝はあんなにガスってたのに・・・

山荘前からは、槍ヶ岳も眺めることができます。

夜は満天の星空でした。
星空撮影用にレリーズと三脚もってくるべきでした。
シャッタースピード30秒で撮影。