2日目 2015年5月31日(日)



07:00すぎ。
朝食つきだったので一番早い時間にあわせてレストランへ。
中華レストランだったけど、西洋風ブレックファーストがでてきた。
スカスカのトースト、しなしなのウインナー、ポテトにスクランブルエッグ。
さすがアメリカの朝食だ。ボリューム満点。



ホテル近くの215号線からインターステイトに乗り、北の方角へ。
イエローストーン国立公園のウエストゲートまで約500km。
大阪から東京までの距離に匹敵する距離の移動なのに、
特に車窓の良いところもないようなので、少し気分が重たいスタート。



とはいってもアメリカのドライブはとても気持ちが良い。
左ハンドルの車を運転するのは4年ぶりだが、車も少なくすぐに慣れた。

レンタカーの旅はやはり良い。
時間に縛られないし、高速道路無料でガソリン代も安くて言うことなし。



ユタ州からアイダホ州に入ると、よりのどかになってきた。
アメリカ50州の中でも人口が3番目に少ない州だが、
14番目に大きな面積を持っているので、かなり人口密度は低いらしい。

ソルトレイクシティより北側に大きな都市はもうないので、
インターステイトの交通量もかなり少ない。
これで片側2車線あることが逆に不思議になってくるほど。



アイダホ州…といえば、ポテト。
インターステイト両脇にも広大なポテト畑が広がっています。

イエローストーンまでの大きな町がなさそうだったので、
アイダホフォールズという街のウォルマートで飲料水など買い出し。
飲料水やビールはまとめて買うと安く、
500mlペットボトルの水24本で、3.98USD(約500円)や、
ハイネケンのビール12本で、13.28USD(約1,700円)とかなりお得。



ゆっくり食べてる時間も惜しいので、
ウォルマートで買ったシーザーサラダ3.98USD(約500円)を車内で。
かなりのボリュームでこれだけで満腹。
あわせて買ったサンドは夕食へ持ち越し。



アイダホフォールズの町からは、I-15を離れ、US-20を北に進みます。
インターステイトを降りても、まだまだ高速っぽい平坦で快適な道。
多少は景色に変化がでてきて、右側を眺めると
遠くにイエローストーンの南側にあるグランドティートンの冠雪した山々。
ようやく近づいてきたと実感。



平坦な道が終わると上り調子の片側1車線になり、
周りに森林が広がり始めます。





US-20は大きく東に曲がり、ウエスト・イエローストーンの町が近づくと、
正面に大きな台地が見えてきます。
あの大きな台地自体が巨大な火山…
イエローストーン国立公園はほんとにデカいぞ。



ウエスト・イエローストーンの町。
名前の通りイエローストーン国立公園の西にある小さな町。
ハイシーズンでもないためか観光客は見当たらず町はひっそりとしていました。
昼間の時間だと国立公園に出かけてるだろうから、
夜になると人は増えるかもしれませんが。



13時すぎ。
ソルトレイクシティから500km、おおよそ約5時間で到着。
ようやくイエローストーン国立公園の西側ゲートに到着です。

しかし、東京・大阪間がほぼ500kmと考えると
この距離を5時間で移動ってほんと早い気がする。
日本では高い通行料使って高速道路使っても5時間は無理だろう。
しかも今回は3分の1は高速道路ないのだからかなり早いと思う。

しかし日本(関空)を出発してから、1日半かかったのか…