東の空の朝焼け。
右の山は大天井岳です。

前日に比べて、風が弱かったのですが、雪渓のおかげで、やっぱり寒かったです。
冷気で、テントのフライシートはびっしょり。

朝日に照らされてます。
水気を吸ったテントは乾かせずに背負ってるので、ずっしり重たいです。

槍ヶ岳。
西鎌尾根に雲が覆いかぶさっています。

三俣峠までの登り返し。
あれ、天気が悪くなってる。

予定では、三俣蓮華岳に登って、
双六岳までいく予定でしたが、この天気だと・・・
巻き道を通れば、ピークはないので早く帰れます。
悩むな・・・   

時間もあるので、三俣蓮華岳へ来ましたが、やっぱりこの天気。
晴天の1日目に訪れていて正解だった。

双六岳へ続く稜線。
多少のアップダウンを繰り返して歩いていきます。

おおお、ガスがとれてきた。
槍ヶ岳も見えてきた! 

やっぱり晴天は違いますな〜〜。
目指す右側の双六岳も、もうちょっとで雲がとれそう。

昨日歩いてきた、中道との分岐です。
この場所はほんと絶景です。

すばらしい登山道ですね。

中道を下って歩くと、槍ヶ岳が正面に見えてるのか。
一昨日は、逆から歩いてきたので、気づきませんでした。

双六岳へは、緩やかに登っていきます。

双六岳2,860m到着。
この石だけが置いたんだ?

360度の絶景がひろがる双六岳。

晴れて良かったです。

東方面。
双六小屋への下山道は、槍ヶ岳、穂高連峰の絶景が広がります。

南西方面。
笠が岳へ続く稜線。右の尖峰が笠ヶ岳です。

北方面。
歩いてきた三俣蓮華岳への稜線。
鷲羽岳も、水晶岳も、さらに野口五郎岳もばっちり。

同じく北方面を少しズーム。
手前から、三俣蓮華岳、祖父岳、ゴツゴツした水晶岳、赤っぽい赤牛岳、
さらにその奥、立山もばっちり見えてきました。

北西方面。
黒部五郎岳とそのカールも見えてきました。
すばらしいカール地形ですね。

髭そってないや・・・

ここを歩いて下るのか〜〜。
槍を見ながら、槍に向かって歩く!
しかし午前中だから、槍ヶ岳は逆光だけど。