1うもガスってしまって、天気が悪いようです。
自分は写真のためにきてるので、テントで待機。
朝ごはんもテント内で。

わりとうまいです。
しかしボリュームがない・・・

7時まで待ちましたが、まだ晴れません。
これ以上遅いと、雲ノ平への影響があるので、とりあえず鷲羽岳を目指します。

さすがに曇っているだけあって、雷鳥さんがでてきました。

お〜〜っと晴れ間に期待。
延々と登りが続きますが、テントに荷物を置いてきているので、すごい身軽。

やっぱり日帰りっていいね。

山頂付近にある鷲羽池。
晴れていればこの奥に槍ヶ岳・・・

鷲羽岳2,924m。
登頂ですが、ガスがすごい。
20分待ちましたが、晴れず、そして誰も来ない。
時間ずらした影響かな。

仕方ないので、次のピークのワリモ岳へ。
稜線歩きは気持ちよいですが、このアップダウンがしんどいですね。

稜線上は、風が強いので、小柄な高山小物が多い。

鷲羽岳よりいっきに下ってきました。

そして、ワリモ岳へ登り返し。
下ってきたばかりなので、登りがきつく感じます。


ミヤマコゴメグサ。

ワリモ岳2,888m頂上。
こんな天気なので、岩に登りたい気持ちもゼロ。

裏銀座、野口五郎岳へと続く稜線。
いつかは行ってみたい。

ワリモ岳分岐。
朝早くから晴れて出発していれば、いく予定だった水晶岳。
行けないことは無さそうですが、雲の平でゆっくりしたいので今回はパス。

雲ノ平へいくために、祖父岳を目指します。
下って登ってを繰り返します。

岩苔乗越から水晶岳へのカールは、花が満開。

このカール内部へ進むと、高天ヶ原温泉があります。

しかし、往復5時間半では気軽にいけませんね。

ハクサンイチゲ。

やっぱり、今年はコバイケイソウがすごい。

祖父岳の頂上付近。

ガスだと迷いやすいのか、青いロープ、

そして無数のケルンがあります。

祖父岳から雲ノ平を眺めます。
ちょっと晴れてきた!