新穂高の駐車場が満車の為、鍋平園地へ。
さすがに暗すぎて移動できず、1時間の仮眠後出発。
コグマが歩いていきました・・・w

車道をしばらく歩いていたんですが、
登山口へは、この道が早いとのことです。
しかし、暗くて人もいないので、
熊にびびりながら、熊鈴鳴らしまくって歩きました。

ようやく本来のスタート地点、新穂高温泉。
30分以上かかって、すでに心折れそうです。
4時にでるつもりが、すでに5時15分か・・・

登山ゲート。
登山届けを提出。ここから一般車は入れません。

今日は、三俣山荘までいきます。
1日に登る累積標高差としては、過去最高2,400m。
コースタイムは10時間以上で20km。

最初は、舗装された車道を歩きます。

わさび平小屋。
ちょうど1時間ちょっとなので、よい休憩ポイント。
しかし、まだ先は長いのでスルーです。

小池新道入口。ここからようやく登山道らしく。
正面に見えている山の稜線まで登ります!

あれ、なんだったか・・・

タテヤマウツボグサ。

晴れてほしいような、晴れてほしくないような。
樹林帯だから、風もなく、とにかく暑いです。

秩父沢がみえてきました。
雪渓がまだ近くまであります。。

秩父沢はまさにオアシス。

雪渓近くからの沢水なので、
ひんやり冷気も運んでくれます。

飲むことができます。
キンキンに冷えてます!

振り返ると、西穂高あたりの稜線がうっすらと。

たんたんと歩きます。
去年来ましたが、紅葉の時期はほんと綺麗な場所です。

だいぶ登ってきました。
まだ時間が早いので、暑さはそれほどではなかった。

鏡池、到着です。
20分ほど待って、ようやく槍ヶ岳がお目見え。
さすがにここで初休憩。

鏡平山荘の売店、かき氷が売っているようです。
今すぐ食べたいのですが、帰りのご褒美に決定。

鏡平から、弓折乗越までの登りがきつかった。
延々と登りですが、見えているので余計つらい。

振り返ると槍ヶ岳です。
このあたりも紅葉が綺麗なポイント。

完全にへばってきました。
でも、ようやく高山植物が豊富になってきました。

ベニバナイチゴ。

クロユリ。

肩の荷が重過ぎて、高山植物の写真が少ない。
>というより、花が多すぎて、きりがないほど、
咲き誇ってました!

ここでもコバイケイソウが満開。

ミヤマキンポウゲより花の大きいシナノキンバイ。

弓折乗越。
鏡平から1時間、ひぃ〜〜疲れた。

弓折乗越から眺める槍ヶ岳。

04:45 鍋平園地
05:17 新穂高温泉
05:27 登山ゲート
06:28 わさび平
06:47 小池新道入口
07:38 秩父沢
08:47 シシウドヶ原
09:33 鏡池/鏡平山荘(0:22) 09:55
10:53 弓折乗越