パラオ滞在3日目。

インパックツアーさんのロックアイランドツアーに参加。
ツアー会社としてはパラオで一番大きいようで、
ホテル前に迎えに来たときには、大型バス2台がほぼ満車になりました。
1組の欧米人が寝坊したらしく、30分以上待ちぼうけくらいました。

ホテルロビーに集合して、ツアー受付して、
出発まで1時間30分以上はがかかりました。
なんだかだいぶ無駄な時間をすごした感じがします。

ロックアイランドツアー参加者は、2つのボートに振り分けられ、
なぜか7人の子供がいる家族グループといっしょの2組だけで小さいボートに。
ぎりぎりに申し込んだから、仕方ないかな。
振り分ける日本人スタッフが、船長とガイドを紹介してくれて、
ガイドさん日本語話せるからと言ってましたが、ずっと英語で説明でした。



この日は天気があまりよろしくないです。
いったん外洋にでてリーフ外を走るときは、揺れましたね。
とはいっても、石垣と離島を結ぶ高速船に比べればかわいいもんです。



島の入り江の奥にボートがすすんでいくと、
コバルトブルーの海の場所で停泊します。

パラオの代表的な場所、ミルキーウェイ。
ちょっと楽しみにしてたんですが、天気がわるいのでどんより・・・

スタッフの人が潜って、底に沈殿している泥を取ってきてくれます。

ちなみに写真のボートが、同じツアーのボートですが、
向こうは人数がたくさんなので、楽しそう。



人生初の泥パック。
日本では化粧品として販売されているのですが、
今顔に塗った分だけの量だと、200USDぐらいの価値があるといってました。

ぬるぬるしてて、とても気持ちよい。

http://www.blue-coral.net/



どのぐらいの深さにあるのか聞いてみたら、4mぐらいだというので、
自分で潜ってとってきました。
海底は白く濁ってて見えないので、手探り状態でつかんできます。

ところで、いっしょの家族の中に、芸能人に似ている人がいるってことで、
もともとあんまりはっきり覚えてなかったし、まさかね、と思ってたんです。
ミルキーウェイでその人とガイドさんが話をしている中で、
自己紹介してたんですが、似ている芸能人と同じ名前でした。
いやあ、ぜんぜんわからんたった・・・もうちょっとテレビ見るようにせんとね。

上の写真のピンクの人がそうです。



30分ほどミルキーウェイで遊んで、ポイント移動です。
うちのボートは、人数が少ないからフットワークは軽いです。



スノーケルポイント、ファンタジーへ到着。
船の上からでも魚が見えます。



底のほうにあるエダ珊瑚はなかなか元気ですね。
魚の数も多いし、深さもそこそこあるので、巣モグラーとしては楽しい。
ほんと晴れたら良さそうポイントです。



ダツの群れですね。
異様に人のまわりにあつまってくるんですが・・・

光を目掛けて飛んでくる習性があるらしく、
夜に釣りや漁をしていた人が、ダツにさされて死傷事故も起きているようです。



なんだか異様な魚の集まり方ですね。
基本的に餌付けされているような感じがします。



ついつい狙ってしまうんですよね、デバスズメダイ。
珊瑚があるのは水深5m以上の場所ないので、
人に荒らされる心配がなく良いです。

しばらく泳いでいて良いとうことだったので、潜って遊んでました。



そろそろあがりましょうかというガイドさんの声。
うちのボートはこんなに小さいんです。
芸能人ファミリーさんは早々に上船してらっしゃいます。

それにしても天気はかなり悪いですね。
そのわりには海の中は綺麗に見えたので、透明度は高かった。