Curry Villageのパーキングからは、ハーフドームがよく見えます。

午後のほうが、ハーフドームの西完璧に太陽があたるので写真栄えします。
しかし、満車とまではいかないけど、春の平日にしては車が多いので、
夏の週末は大変なことになりそうです。



走り出したというのに、また車を停めてしまいました。
名残惜しすぎる景色が続きます。

左にノースドーム、右にハーフドーム。
2つのドームの中間にあたりに、先ほどいってきたミラーレイクがあります。



ROYAL ARCHES.
壁面がアーチ上に削れていますが、下側から岩が盛り上がってきて、
このような地形になったようです。

その上に見えるこんもりした岩山が、NORTH DOME 2,294m



ヨセミテ渓谷の一番出口側あるビューポイント、その名もValley View。

マーセド川を挟んで、ヨセミテ渓谷を望むことができます。
Tunnel Viewと違って奥まで見ることはできませんが、川の流れがあることで、
とても穏やかな風景に感じられます。
これで、ヨセミテ渓谷とはお別れです。

想像以上にヨセミテ渓谷は、良い場所でした。
また機会があれば訪れたい場所です。
さよなら、ヨセミテ。



結局、ヨセミテを出たのは、14時間になってしまいました。
これから、今日の目的地モントレーまでは、320kmの長い道のりです。
なんとか日が沈むまでには到着したいところです。

ヨセミテへ来た時とは違う道、州道140号線で下っていきます。
とても走りやすい道で、しばらく下り坂が続くのでスピード注意。



快適に走っていたのですが、片側通行の場所がありました。
標識を見ると、最大待ち時間15分と書かれています!

どれだけ待つのかと心配してましたが、5分ほどで青信号に変わりました。



標高が下がってきたので、気温がどんどんあがってきました。
天気も良すぎて、空の色が気持ち悪いぐらい青い。

山間部の道が続きますが、とても走りやすい道です。
ただしスピードにはほんと注意。
クルーズコントロールを制限速度にして走ってるので問題ないですが、
追い抜いていった車が、あっさり警察に捕まってました。

警察が見張っている様子はなかったのですが、
ガイドブックには、空からも見張ってると書いてました。
飛行機?衛星?



平野部まで出てくると、延々とまっすぐな道が続きます。
まわりに何もないですから、まっすぐなのもうなづけますね。

帰国後に、この区間の直線距離を調べてみると、11kmありました。



Planadaという町を過ぎると、線路が併走し、交通量が増えてきました。

ちょうど貨物列車が通ったのですが、コンテナがすべて2階建て、とても長い。
引っ張る機関車も4台、スケールが違いすぎる。



Mercedの町で、給油し、州道59号線を南下します。
東西にのびる州道152号線につきあたりると、西側へ進みます。

152号線は州道といっても、片側2車線のほぼ高速道路で快適。
ただ街の中心部になると急に、信号が出てきたりするのですが、
そのあたりの臨機応変さが良いですね。

途中立ち寄ったコンビ二での出来事。
入ってきた客が、スペイン語でトイレどこですか?って聞いてましたが、
店員は普通に意味を理解して、トイレを指差しました。
メキシコ移民が多いので、スペイン語はわりと話す人が多いのかもしれませんね。



カリフォルニア州を南北に走る、インターステイト5号線を横切ります。
4日前に、ロサンゼルスを出てからしばらく走っていた道です。



I-5号線を越えると、左側に人工的な壁がみえてきました。
地図で見ると貯水池だとわかっているのですが、まあ湖ぐらいでかいです。

ちょうど山間部への道路になるのですが、急に天気が悪くなり始めました。
太平洋側からの風が一番最初にあたるのは、この先の山脈になるので、
よく雨が降りやすい地形なのかもしれません。
この先の天気が心配になってきました。



州道156号線へ分岐し、I-101号線を南下しました。
I-101号線は多くは山間部を走りますが、I-5号線同様に南北を走る大動脈。
いっきに交通量が増えました。

そして、サンタモニカで見て以来の海、太平洋とご対面。

もうすぐ今日の目的地モントレーに到着ですが、
天気がどんよりとしています。


より大きな地図で SFO International Terminal, Millbrae, CA, United Statesへの運転ルート を表示

オレンジ色が、ヨセミテからモントレーまでの移動ルートです。