朝6時、渓谷内には日差しがなくまだ薄暗い。
とても静かといいたいところだが、かえってヨセミテフォールの落下音が響き渡る。



7時前になってようやく渓谷内にも日差しが届き始めた。
透き通るような青空、今日は絶好のトレッキング日和だ。

しかし、雲がまったくないので、朝焼けはなかったし、
標高的にも渓谷内からは、朝陽や夕焼けを期待するのは難しそうである。
今回の旅行で夕陽を見るとすれば、今日ぐらいしかなさそうなので、
どこか場所を探して夕陽を見てみたい。



ハーフドームにも太陽が届き始めました。



朝8時、フードコートで朝食をとります。
トースト2枚、ポテト、スクランブルエッグ、カリカリベーコン。
結構お腹いっぱいになりました。
カリカリベーコンはほんと美味しいですね。

コーヒーはチェックイン時にもらった券で無料でした。
昼食用に、フードコートでパンを購入して持って行くことにしました。



これからネバダ&ヴァーナルフォールのトレッキングへいきますが、
スタート地点まで乗用車は進入できないので、園内を走る無料のバスでむかいます。

泊まっていたロッジが、メインの場所より遠いほうだったので、
ヨセミテロッジのバス停ではなく、キャンプ4のバス停が断然近かった。
漫画岳で知りましたが、ヨセミテのキャンプ4といえば、ロッククライマーの聖地だそうです。



30分ぐらい待ってようやくバスがきました。
本来はもっと短い間隔で走っているはずなのですが、タイミングが悪かった。



Happy Isles バス停に到着。
9時30分にようやくトレッキングスタートです。
たくさんの人が降りていきました、そしてまた乗っていく人も多い。



Mist Trail...
いやな予感がします。



空を見上げると濃い青が広がります。
新緑も綺麗だし、ほんと気持ち良いですね。



少し登ってきたので、トレッキングルートを振り返ります。
昨日見ていたグレイシャーポイントは、この壁の上あたりです。
右にはヨセミテフォールが見えています。



ネバダ&ヴァーナルフォールへのトレッキングは、
ヨセミテ渓谷の中央を流れていたマーセド川をさかのぼっていくルートです。

小さくですが、目指すヴァーナルフォールが見えてきました。



マーセド川の水量がとても多く、迫力があります。
なだらかな道を登っていきます。



とうとうヴァーナルフォールからの水しぶきが降ってきました。
雨具の準備が必要ですが、水を浴びるのも気持ち良さそうだし、迷います。



まさにミストトレイル。
雪解け水の多いこの時期限定の大迫力です。



振り返ってみると、ルート上に見事な綺麗な虹が出来ています。
結構長い階段を上ります。



滝に近づくと、ミストどころじゃなく、シャワーのようです。
みんな、ずぶ濡れです。



もう、やけくそで濡れています。
実際雨具を着ている人よりも、何も着ないでずぶ濡れになっている人が多かった。



まさにレインボートレイル!
滝しぶきの副産物が素晴らしい演出をしてくれました。

滝の上までは最後、急な階段が続きます。



11時、ヴァーナルフォールの滝の上に到達です。
水で花崗岩が削られて、平らにひろがっていて、いい休憩地点になっています。



ヴァーナルフォールの滝上からの景色です。
登ってきたミストトレイルが一望できます。



ミストトレイルで濡れた服を乾かすにはちょうど良い天気。
昼寝しても気持ちよさそうですが、せっかくなので、
もう1つ上の滝、ネバダフォールまでいってみることにします。