トンネルビューから右側に見えていたブライダルヴェール滝。
滝下までいけるトレイルがあるようなので、車を停めて歩いてみます。



ブライダルヴェール滝620ft(189m)。
落下した水が、岩にたたきつけられ、水しぶきが半端なく降り注ぎます。
この様子が、花嫁のヴェールに似ていることから、
Bridal Veil Fallと名づけられたそうです。

風向きによると思いますが、風下であれば、
霧雨ではなく、にわか雨のようになります。
滝下までいくには、全身ずぶぬれの覚悟が必要です。



ブライダルヴェール滝を眺めてから、まっすぐすすむと、
マーセド川を挟んで、反対側にリボン滝がみえてきます。

落差491mもありますが、細長い滝ですので下部では霧っぽくなってます。
雪解けの水の多い、春しか見ることのできない滝です。



ヨセミテ渓谷を周回する道路にでてきました。

正面に見えるのが、花崗岩としては境最大の1枚岩、エルキャピタン。
高さは1,000m近くあり、東京タワー3個分の高さです。

思わず車を停めて、眺めたくなる場所ですが、
左右に駐車スペースが広く作られています。



エルキャピタンとリボン滝。
リボン滝の高さは、エルキャピタンの半分ぐらいなので、
滝が木に隠れて見えなっているあたりで終わっています。



再び、ブライダルヴェール滝近くを通り、駐車場へ戻ります。

華やかな名前とは裏腹に、ものすごい水量、そして轟音です。



トンネルビューの先が分岐路になっていて、
ヨセミテ渓谷内はとおる道路は、一方通行になっています。
二車線あるので、景色を眺めながらゆっくり走っていても、
それほど邪魔になりません。



Swinging Bridge.

綺麗な景色が見えそうだったので、また車を停めて歩いてみます。



Swinging bridgeのほうへ歩いていくと、
マーセド川の南岸に緑溢れる湿原地帯が広がっています。
背景には世界5位の落差を誇るヨセミテ滝2,425ft(739m)。
野生の鹿も歩いています。

心が洗われるような風景です。
そして、どこを見ても絵になる風景。
ヨセミテが人気のある観光地なのがわかります。



Swingig bridgeからの眺めるマーセド川。
川の流れはとても穏やかです。
シェラネバダ山脈から、太平洋へ流れる総延長180kmの河川です。



マーセド川をラフティングボートで川下りができるようです。
景色は最高でしょうね。
しかしまだ寒そうですし、橋の真下を通るときは注目の的です。



寄り道しすぎて、もう17時をすぎてしまいました。
日が沈むまでには時間はありますが、そろそろ宿に向かいます。