サンタモニカを15時前、ようやく出発。
北東のビバリーヒルズ方面へいくと、インターステイト405号線へ交わる。
インターステイトは、日本でいう高速道路だけど、通行料が無料。



ロサンゼルスでは一番海岸を走る高速道路で、
山間部を超える重要な道路なので、交通量も多く混雑している。
都心部へ向かう反対車線は、より混雑していて、ぴたっと止まっている。

片側5車線の山越え道で、交通量も多いので、
初っ端だったので、かなり緊張した。

しばらくは、他の高速道路との合流や離合も多く、
また高速道rが無料なだけあって、一般道路とのインターチェンジも多い。

今回もナビは借りてはいない。
日本と違って無料ではないし、レンタル料が1日あたり1,200円ぐらいと高い。
ただ前回と違って人口の少ない場所ばかりではないので、
多少の不安はあったが、まあなんとかなるだろうと・・・。

大まかな地図が掲載されている州の地図だけは、
JAFにて500円で購入してある。



I-405号線から、I-5号線へ合流。
I-5号線は、アメリカ西海岸の南北を走る大動脈。
南はメキシコの国境から始まり、北はカナダの国境まで達している。

交通量もだいぶ少なくなり、のんびりとドライブできるようになってきた。



山間部を抜けたところで、I-5号線から、州道99号線へ分かれる。
この先は、だだっ広い平野が続く、農業地帯へ入る。



延々と平坦な道が続きます。
クルーズコントロール機能で速度固定して、まっすぐ走るだけなので、
運転は楽ですが、正直なところかなり退屈です。
まわりの風景は農業地帯ですから、景色もかなり退屈。

農業の規模はほんとに大きく、たとえば葡萄の木だと思ったら、
それが延々と何キロも続きます。
味は別として、これだけ広大に作れるのだから、
日本の農業なんて、値段的には太刀打ちできないと思いました。

宿泊地のTulareの表示がでてきたので、インターステイトから降りました。
ところが、降りて右に曲がるとあるはずのホテルがない。
Tulareの町がもっと小さいと想像していたのですが、
どうやらTulareの町にもいくつかのインターがあったようです。

こうなると、感覚で走るしかないですが、
インター近くというのだけは確かなので、
高速に戻らずに地道で次のインター目指して走ります。
なんとなくの感覚で走っていると、あっさりホテルが見つかりました。
方向感覚さえあっていれば、なんとかなるもんですね。



なぜ、Tulareに宿泊したかというと、
セコイヤ国立公園・キングキャニオン国立公園に近い都心部で、
観光地ではないので宿泊代金が安いこと。

セコイヤ国立公園内にも宿泊施設があるが、
この時期だと積雪の可能性もあるので、もし降った場合に対処できないこと。

今回利用した、Charter Inn & Suites は、1部屋6,900円で朝食つき。
もともとは、1泊だけの利用予定だったが、メキシコ行きがなくなったので、
前倒して2泊の利用にした。



早めについても観光地ではないので、見るところもないので、
道の反対側にあったスーパーへでかけてみた。

入口にはいって置かれていた大きな玉ねぎ。
1袋が、50ポンド(約22.7kg)で大きさもすごいが、
8USD(約700円)とめっちゃ安い!



チーズもめっちゃ安いです。
5ポンド(約2.27キロ)で、12.49USD(約1,060円)。
4つ買うと、9.99USD(約850円)とさらに安いが、
約10キロのチーズを何日間で消費できるのか・・・。

とにかく海外にいくと、スーパーを散策するのが楽しいですね。
相場感とかもわかります。



今回利用した、Charter Inn & Suites。
建物はとても綺麗ですし、インターステイトの出入り口からすぐなので便利でした。



夕食は、部屋の窓からみえていた「I HOP」というレストランへ行ってみました。
外見はレストランというよりも、デザート専門店的な感じでしたが、
メニューを見てみると、しっかりとした夕食も食べられるようです。

http://www.ihop.com/

店内はガラガラでした。
パンケーキなどのメニューが多く、朝食や昼食がメインなのかもしれません。

せっかくなので、がっつりステーキを頂きました。