ホテルシャトルバスでいったん空港に戻り、
再び巡回しているレンタカーのシャトルバスで、レンタカー会社「Allamo」へ。
昨日までのばたばた感から開放された緩みか、
朝食もとっていないのに、もう11時すぎ。



去年はBudgetを使いましたが、
なぜかLAX発だと安いパッケージが適用にならないようで、
何社か比べて、Allamoにしました。
海外のことなので、トラブル対応に不安があるので、
中小のレンタカー会社からは探していません。



Allamoのメリットとしては、そのカテゴリーから好きな車を選べること。
残念なことに自分の選んだIntermediate SUVのカテゴリーは、
車種が2種類しかありませんでした。

見た目では、Jeepが良かったんだけど、実際乗ってみると車内が狭い。
ということで、横にあったヒュンダイのSanta Feしかありません。
韓国車なので、ちょっとあまり気乗りしませんが、
去年のグランドサークルでのった日産のROUGEに似てて、中は広い。
実際に乗って比べられるという点でも、Allamoにして良かったと思います。

コンパクトカーならもっと安かったのですが、
今回は、山岳地帯も走りますし、雪の可能性もまったくないわけじゃないので、
SUVタイプの車にしました。
せっかくの広いアメリカの道なので、コンパクトカーまで節約する必要はないかと。



空港から、サンタモニカ方面へは、州道1号線を北上していきます。
ロサンゼルスは郊外まで広がっている都市ですが、
比較的、空港からサンタモニカは近い距離にあり、15kmほどです。



サンタモニカの南側にあるのが、ベニスビーチ。
想像していたカリフォルニアのイメージにぴったりの場所です。
ビーチ沿いの遊歩道で、スケボーしたりジョギングしたりする人がたくさんいました。



サンタモニカ・プレイスというショッピングモールに駐車し、
サード・ストリート・プロムナードという遊歩道を歩きます。
ここがサンタモニカの中心地的な場所です。



サード・ストリート・プロムナードは、だいたい1kmほどありますが、
大半がショップなので、ショッピングに興味がないとあっという間に終わってしまいます。
Diesel、Zara、Gapなど日本でも見かけるショップが軒を並べます。



ミュージシャンの演奏や、大道芸などが路上で行われているので、
ショッピングに興味がなくても、雰囲気を楽しむことができました。



湿気がないとほんと良いですね。
日差しに照らされていても、カラッとした気候で、とても気持ちが良い。



日曜日ということもあって、人通りは多いと思うのですが、
人混みという表現が当てはまるほどは、混雑はしていません。

ショッピングモールで買い物するよりかは、開放的な雰囲気で買い物できるので、
買い物好きな人にとっては、天国のような場所かも。



州道1号線、別名 パシフィック・コースト・ハイウェイ。

数日後には、モントレーで再び州道1号線に合流し、
サンフランシスコ目指して、北上します。



サンタモニカのもう1つの名所、サンタモニカ・ピア。
先端には、遊園地や水族館、レストランなどがあります。

ちょっと距離があるのと、駐車場の車のあまりの多さに行く気がなくなりました。



サンタモニカ・プレイスに戻って、昼食をとります。
思い返せば、今日はまだ朝食も食べていませんでした。

「Pizza Antica」
テラス席は満席でしたが、店内はガラガラです。



ピザはシンプルなマルゲリータが一番好きです。
16.25USDとちょっと高いですが、
サンタモニカはちょっとした観光地的な場所なので、仕方ないかな。



サンタモニカ・プレイス。
ソテツが植えられてリゾート感、そして開放感があります。
日本のゴールデンウイークも本格的に突入したので、
たくさんの日本人を見かけました。
やっぱり買い物メインで旅行する人って、結構多いようです。

ロサンゼルスはこれで終わり。
ハリウッド、ディズニーランド、ユニバーサルスタジオ、ビバリーヒルズ・・・。
ぜんぜん興味ないんです。 

1日多くアメリカに滞在することになりましたが、先へ進みます。

これから180マイル(290km)北上して、Tulare(トゥーレアリ)へ向かいます。
明日訪れる予定のセコイヤ国立公園、キングスキャニオン国立公園へ行く途中の町です。