無料でついてきた朝食。
ホリデイイングループだけあって、無料とはいえ、そこそこ品数もありました。

お皿もフォークも・スプーンもすべてプラスチック製で使い捨て。
効率的なのですが、ちょっとやりすぎ感ありますね。



空港が近くなると、レンタカーの返却場所の案内標識があり、
迷うことなく戻ることができました。

大手レンタカー会社が集約しているレンタカーセンターのシステムは便利。
日本でもこのようになると良いですね。



返却レーンに駐車して、貸出票のバーコードをチェックするだけ。
とくに傷をチェックしたりするわけでもなく、あっけなく返却完了しました。

8日間も借りてると、ちょっと愛着がわいてきたりして、少し名残惜しかった。
だいぶ汚れてしまったけど、赤い砂地が多かったコロラド高原には、
その輝いたエンジ色がぴったりでした。
「NISSAN ROUGE」ありがとう。

 

レンタカーセンターからはシャトルバスに乗り、
デルタ空港の発着しているターミナル3へ。

自動チェックイン機で搭乗券を出そうとするが、まったく出てこない。
近くのスタッフに聞いても原因がわからず・・・
するとそのスタッフが、別のスタッフに聞いてくれて、
デルタ航空はコードシェア便扱いで、アラスカ航空が運航するので、
アラスカ航空のあるターミナル2から出発することが判明。

またシャトルバスに乗り、移動しました。
早めに空港に着いていたので、問題はありませんでしたが、
ただぎりぎりでも大丈夫だったように思います。

アメリカは入国時は厳しいのですが、出国審査がありませんでした。



ようやく日中にビールが飲めました。

レンタカーの旅は、自由で楽しいですが、これが飲めないのが難点です。

 

アラスカ航空 AS659便(DL9148便)
フェニックス10:00発
乗継地のオレゴン州ポートランドまで、2時間51分のフライトです。

 

ポートランドとシアトルの場所がそれほど離れていないので、
行きと同様にグランドキャニオンの上を飛ばないかと期待してましたが、
飛びませんでした。
アメリカの地図近いと思ってましたが、
ポートランドとシアトルは250kmも離れてました。

 

定刻通りポートランドに到着しました。
乗継時間が、1時間15分しかなかったので、ほっとしました。

太陽光をうまく取り入れてる設計になっていて、明るく綺麗な空港でした。

 

デルタ航空 DL617便
ポートランド14:05発
成田空港まで、11時間のフライトです。

 

ポートランドは、緑に囲まれた過ごしやすそう都市です。
遠くに冠雪した山が見えます。

左からレーニア山4,392m、セントへレンズ山2,550m、アダムス山3,742m。
カスケード山脈の山々ですが、いづれも形からわかるように火山です。



手前のセントヘレンズ山は、1980年に大爆発を起こし、
2,950mあった山が、400mも低くなり、2,550mになってしまいました。

奥のレーニア山4,392mは、森永乳業のカフェラテ「Mt.Rainier」の山です。
シアトルの日系人からは、タコマ富士として親しまれているそうです。

ともに、アメリカの国立公園に指定され、豊かな自然が残っているそうです。



さすが日本発着の便です。
日本銘柄のサッポロビールを選ぶことができました。



しばらくすると下界は白い雲。
成田空港到着まで、ずっと太平洋上を飛びます。

 

いまだに機内食は、美味しくないという人が多いですが、
個人的には美味しいと思います。
海老はぷりぷりして美味しかった。
でも、海老サラダと野菜サラダ、サダラが2つ的な感じもしましたが。

 

昼食後、しばらく外をボーっと見てたら、右下に飛行機が飛んでいきました。

広い太平洋上で、2つの航空機がこの距離で飛んでるのは、
とても不思議な感じがします。



アイスクリームのデザートつき。

 

到着、1時間30分前に軽食がでてきました。
タイ料理風のトルティーヤは、美味しかったです。
http://www.montysbakehouse.co.uk/index.php/products/wraps-1.html

フルーツも出てきて、サービス良かったです。

 

16時50分。
定刻より15分ほど早く、成田空港に到着しました。

東日本大震災からまだ2ヶ月足らずでしたが、
日本から離れて、ネットもほとんどしてなかったので、
大きな震災が起きていたことが、夢のように感じてしまいました。

飛行機内は満席でしたし、成田空港は帰国ラッシュで混雑しています。

 

成田空港駅。
安く上げるため、在来線の快速で品川駅までいき、
新幹線の早得割引を使ったひかり号を乗り継いで帰ります。
家につくまでは、まだ6時間以上かかります。

なので、「帰ってきた!」という安堵感はまだまだありません。

品川駅まで、約100分の長旅です。

 

品川駅。
20時47分発、ひかり529号で京都駅へ。



夕食は、品川駅構内エキュートの「沼津魚がし鮨」で買った握り鮨。
帰国後、最初の日本食は、やっぱり鮨ですね。

 

23時22分。
ようやく京都駅到着しましたが、在来線への乗継が悪く、
家についたら、日付が変わって12時半すぎでした。

今回のグランドサークルをまわる旅、本当に最高でした。
アメリカの大自然のスケールは、ほんと桁外れ。
レンタカーで自由きままに過ごせたのも良かったですね。

落としたiphone4のその後。

家のiphone3を起動すると、自分宛にメールがきてました。
拾った方が、iphoneを操作して、iphone宛てにメールをしたようです。
自分はパスワードロックはかけていないのですが、
それが良かったようです。

どこで落とした可能性があるとか、iphoneのカバーの色とか伝えると、
内容と相違ないということで、エクスプレス便の宅配で送ってくれました。
着払いで送ってくださいと伝えてましたが、発払いで送ってくれていて、
送料を送る旨伝えると、
「あなたが喜んでくれたらそれで良いですよ」 と返信がありました。
29.6ドルの送料、そう安くはないはずです。
本当に親切な人に拾っていただいて良かった。

大きい自然の中だと、心もゆとりがあるように感じます。

まだまだアメリカには国立公園がたくさんあります。
帰りの飛行機の中では、行き以上に、
地球の歩き方を食い入るように見てました。

旅行日:2011年05月03-04日
記載日:2013年02月20日