嵯峨小学校前のほっかほっか亭でお弁当、
近くのコンビニでビールを買い、大覚寺を目指す。
大覚寺内の大沢池周辺は公園のような場所になっていて、
拝観料を含めた入場料が必要だが、
花見をするにはうってつけの場所。


サントリーの金麦、京都の桜バージョン。
描かれている三重塔はおそらく仁和寺だと思います。
なかなか綺麗な配色です。

お弁当はこってりと中華弁当にしてみました。


根っこのほうから咲いていた桜。
枝がなかったので、まるで地上から独立して咲いているかのよう。

大覚寺(京都)
<大きな写真>

まさに満開の桜です。
早くもなく遅くもなくの状態で、花びらがとっても可憐です。

大覚寺/大沢池(京都)
<大きな写真>

大覚寺のほとりにある大沢の池。
ぐるっと一周桜の気が囲むので、散歩もできてお気に入りのスポットです。

大覚寺/大沢池(京都)
<大きな写真>

のどかな雰囲気が漂います。
鴨がいるのがわかると子供たちがよってきます。

大覚寺/大沢池(京都)
<大きな写真>

時間が経過してくるとだんだんと空が霞んできました。
ただの春霞ですかね・・・
2年前の同じような空の色をしていました。

この時期は境内を見学するよりも、
大沢池の周辺の桜のほうが見ごたえがあります。

大覚寺/大沢池(京都)
<大きな写真>

大沢池近くにある朱色の心経宝塔は、
写真の被写体としても人気があって、撮影している人も多い。

大覚寺(京都)
<大きな写真>

旅行実施日:2011年04月10日
日記記載日:2011年05月10日