嵐山(京都)
<大きな写真> 

日差しが最高です。
4月は意外と紫外線も強いので要注意かと・・・

嵐山(京都)
<大きな写真> 

花びらが綺麗な状態の桜が多すぎて、
なかなか中ノ島公園から移動できない。
すでに橋の上にはかなりの人出ですが、それでも秋に比べれば少ないかな。
もしかすると震災の影響もあるのかな。

嵐山(京都)
<大きな写真> 

移動しようと思って渡月橋にむかったら、目についた枝垂れ桜。
また立ち止まってしまう・・・

嵐山(京都)
<大きな写真> 

渡月橋を渡り、桂川の北側の遊歩道を歩いていく。
しばらく坂をのぼっていくと、展望スポットへ到着。
気温もどんどん上昇して、汗ばむほどになってくる。

それほど空気が霞んでいるとも思えないが、
山間の桜はぼんやりとしか見えない。
すっきりとした写真がとれたら綺麗っぽいのだが。

嵐山(京都)
<大きな写真> 

前回も同じような写真をとってたが、
似たような色合いだった。

嵐山(京都)
<大きな写真> 

まさに嵯峨野のイメージにぴったりな竹林の道。
桜に目が慣れたころにやってくると、とっても新鮮な感じがします。

嵐山(京都)
<大きな写真> 

そよ風が笹の葉を揺らし、外界の音を遮ってくれて別世界にいるよう。
笹の葉の音と、青竹の香りがとっても心地よい場所です。
夏に来ても、涼しそうな場所です。

嵐山(京都)
<大きな写真> 

京都の魅力は、こういうはんなりとしたお土産物もひとつなんでしょうね。
「はんなり」=落ち着いたというイメージをもっている人もいますが、
実際には、色合いがはなやかなことを指します。
語源は「花なり」ですから。

嵐山(京都)
<大きな写真> 

何気ないビー玉も、京都の観光地で売られているだけで、
見違えたように見えてしまうから不思議。
本当、京都のイメージってすごいですね。

嵐山(京都)
<大きな写真> 

嵯峨野にある大邸宅の壁から垂れ下がっていた桜。

渡月橋から北にのびる道に出てくると、観光客でごったがえしていました。
それでも、やっぱり前回と比べると少ないような・・・

さすがに正午近くなってたので食事場所はどこも混雑。
もともとお弁当でも買って、どこかで食べようと思ったので、
嵐山から離れることにしました。