浜島漁港
<大きな写真>

浜島という漁港の街にやってきました。
長くいりくんだ英虞湾の入口あたりにあります。
思っていた以上に海に突き出した形をしていて、
目指す昼食場所は、漁港をこえて、先端のほうにありました。

なぶら(浜島)

前日に「浜島」「食事」チェックしていたら、
ホームページがよさそうな印象だったので、ここにいこうときめていました。
想像以上に小さいお店で、4名掛けの座敷が2つと、カウンターのみです。

なぶら http://iseheiya.com/nabura/index.html

なぶら(浜島)

本日のおすすめメニューが掲示されていました。
かなり、そそりますね。
比較的安い定食もありましたが、
今回はあまりお金がかからないコースとみて、ひとり造り盛り合わせを注文。

それにしても、本日の造りの欄に、めんたいこがありましたけど、
かなり気になる存在であります。

刺身盛り合わせとご飯(なぶら/浜島)
<大きな写真>

造り盛り合わせ2,500円とライス150円。
半時計回りに、上の赤身がメバチマグロ、カンパチの子シオ、
アオリイカ、サザエ、戻りガツオ、中央がスズキ。
メニューには5品と書かれていましたが、6品ありうれしい誤算。

刺身盛り合わせ(なぶら/浜島)
<大きな写真>

そんなことより、鮮度がはんぱなく良くて、めっさうまい。
どれも身がピンとはってました。
白身のスズキは、特にコリコリした触感残っていて、
これこそ、漁港の町まで来た甲斐あり。

戻り鰹も脂がのってて、身が崩れていなくて、ぜんぜん生臭くなく。
これは、ケンケン漁でとれたカツオかな。
大好物のサザエも、大きくて、コリコリだけじゃなく柔らかい触感も楽しめた。

アオリイカ

アオリイカかなり美味しいです。
ほどよい歯ごたえと、いやみのない甘みが美味。
烏賊独特のねばり感もありません。
こりゃ、アオリイカ釣りが流行するわけですな。

昼食から2,650円は高価すぎますが、この注文方法は大正解でした。

矢取島(浜島)
<大きな写真>

昼食後は、天気もよかったので、少し浜島の防波堤のあたりを散歩。
釣りをしていた人がいたので、ちょっと気になっただけだったんですが。
せっかくなので、防波堤でつながっている矢取島まで歩いていくことに。

矢取島(浜島)
<大きな写真>

岩でできた島なので、岩場をよじのぼって反対側までいってみました。
台風の波の影響もなく穏やかな海です。
風がありますが、陽射しがあるので、ぽかぽかして気持ちよい。

ちょうど対岸にはこれから向かおうとしている御座の町がみえます。
御座の町へいくには、英虞湾の一番奥までまわっていくので、
浜島から渡船にのればすぐなんですが、
車でいくと1時間弱かかります。

矢取島(浜島)

矢取島によくみると灯台がありました。
なんという名前の灯台なんだろうか。
志摩はリアス式の海岸で、岬にはいくつもの灯台が設置されています。
午後は、そのいくつかの灯台をまわっていきたいと思います。

浜島町

ちなみに伊勢海老も名物で、漁も解禁されて食べられるのですが、
さすがに高価な為、今回は、、、いや今回もパスです。



より大きな地図で 2010 志摩めぐり を表示

旅行日:2010年09月25日
編集日:2010年10月13日