日帰りでどこかへ行こうとは決めていたのだが、
当初の予定は、サイクリング。
しかし、あまりこれといった場所がみつからず、
最近あんまりいってない定番の伊勢志摩はどうかということでピックアップ。
しかし、思いのほかレンタルサイクルが鳥羽駅より南側にない。

ということで、近いし、ノープランでとりあえずいこうかとういことで、
いつもより遅めの、7時に大津を出発しました。



新名神高速から、東名阪を西側に合流します。
亀山PAで休憩して、伊勢道へ入ります。
伊勢道の津より南は、無料化実験中ということもあり、
そこそこ交通量がありましたが、名神などに比べればまだまだ少ないほうです。



お約束的にやってきました「伊勢神宮」。
日本にいくつもある神社の本庁にあたり、正式には「神宮」とだけ呼ばれます。
そのぐらいすごい場所なのです。
管轄も国直轄の「神宮庁」です。

まだ朝9時なのに、たくさんの人です。
近くの駐車場に停めるのもぎりぎりセーフの状態でした。
最近のパワースポットブームの影響もあるのかな。

というより2時間弱で到着してしまうほど、かなり身近な場所になりました。
恐るべし新名神高速道路。

ise-102
<大きな写真>

昨年に新しく架け替えられたばかりの宇治橋。
心配していた台風は大幅に東にそれて、青空が広がります。



真夏日が続いた今年の夏もようやくおわり、
日陰に入ると結構ひんやりとして気持ちいいです。
木漏れ日の中、砂利道の参道を歩いていきます。



階段をあがったところに、正宮があり、
ここから撮影禁止の場所になります。
2013年には式年遷宮と呼ばれる20年に一度の正宮の引越しがあります。
とはいってもすぐ横になるのですが、
現在、正宮のある場所は2013年までとなります。
2013年には、かなりの参拝客であふれかえるんでしょう。

昨年架け替えられた宇治橋も、式年遷宮の儀式の一環です。
過去1,300年にわたって続けられたということは、
計65回も引越ししているわけですね・・・

ise-106
<大きな写真>

伊勢神宮に続く門前町として「おはらい町」があります。
大半が、お土産を売る店、食事をする店なのですが、
綺麗に整備されて、それなりに雰囲気のある町になっています。
有名な「赤福」の本店もこの通りの真ん中あたりにあります。

ise-108
<大きな写真>

おはらい町の中ほどにある「おかげ横丁」では、
「来る福招き猫まつり」が開催されていました。
あちこちに招き猫の姿があります。

ise-107
<大きな写真>

フォトジェニックな巨大な招き猫とカラフルな招き猫たち。
色のついた招き猫が単体であったら、結構怪しい置物になりそう。

ise-109

軽く朝ごはんを食べてきたのですが、
小腹がすいたので、伊勢名物の「伊勢うどん」を食べることに。
まだ10時前だったので、あいている店が一軒しかなかったが、
まよわずにその店に入店。
「釜めし わらじや」。

ただコシのないうどんというイメージだったのだが、
のどごしがよく、もっちりした食感は意外と美味い。
値段も400円と手ごろで、まさに伊勢のファーストフードです。

ise-110

店内にはってあったポスター。
「ああ、まさにそんな感じ」とうなづいてしまいます。

ise-111

伊勢神宮を出る頃には、駐車場待ちの車で大渋滞でした。
渋滞といっても、伊勢神宮にはいるだけの道なのですが、
まだ朝10時ということを考えると驚きです。
伊勢神宮行きを考えている人は、時間帯を考えたほうが良さそうです。


より大きな地図で 2010 志摩めぐり を表示

旅行日:2010年09月25日
編集日:2010年10月11日