竜宮展望台からの景色(来間島)
<大きな写真>

楽園の果実の近くには、竜宮展望台があり、
宮古島の与那覇前浜との海峡が一望できます。
ここも絶景です。

さすがに距離はありますが、ずっと海の底が見えるものだから、
泳いでわたってみたい気もしてきますね。

竜宮展望台(来間島)

ちょうど窓枠が、絵の枠のようになって、
景色を絵のように映し出してくれます。
それなら、自分は邪魔でしたね・・・w

ここの展望台のあちこちに、大きな蜘蛛が巣をはっているので、
わりと要注意です。
南国の蜘蛛って、本当に大きいんですよ。

来間島大橋

来間島と宮古島をつなぐ来間大橋で、長さ1,690mもある。
ここも無料で、2005年に沖縄本島の古宇利大橋ができるまでは、
無料の最も長い橋でした。
見た目には池間大橋のほうが、長い気がするので不思議なものです。

マックスバリューで少し買い物をしてから、
レンタカーを返却し空港に戻りました。

帰りの那覇までの便は、窓側の席をとることができませんでした。
もちろん満席でした。
連休でもないのですが、7月の前半は天候が安定しているので、
全体的に人気が高いようですが、
島田新助がやっているテレビ番組の影響もあるのかな。

結果的には、わりと風の強い日が続きましたが、
1日目以外は、いい天気に恵まれました。
しかし、夏のすかっとした晴れ空ではなかったのが残念です。
雨や曇りに比べれば幸せですが。

那覇→関西空港/雲の上
<大きな写真>

那覇から先は、厚い雲の上をとんでいきました。
これが梅雨前線の雲です。
本来であれば、九州にかかる頃にこの雲があるはずなのですが、
奄美諸島上空にこの雲がかかっていました。
これも異常気象の影響でしょうか、
奄美地方の梅雨明けが例年より1ヶ月近く遅かったようです。

那覇→関西空港/夕陽
<大きな写真>

19時20分。
西の厚い雲の中に、太陽が沈んでいきました。

7月上旬は沖縄の天気の安定度も高いでしょうけど、
太陽がのぼっている時間も長いので、旅行するには得した気分になります。
また来年もこの季節に、沖縄のどこかへ行きたいところです。
友人がまた「どこか行こうか」と誘ってくるのは目に見えていますが。

「2010宮古島」おわり。

旅行日:2010年07月05日
編集日:2010年10月11日