7月の宮古島のフルーツといえば、マンゴーです。
お土産屋や、道路沿いのお店ではマンゴーがうっています。
すごい甘くて美味しいらしいですが、
結構値段ははるそうです。
が、柑橘系以外のフルーツには興味ないのですが、
友人が食べたいとのことで食べにいきました。

楽園の果実(来間島)

来間大橋をわたってやってきました。
「楽園の果実」というカフェで、来間島含め宮古島では有名な観光地のひとつ。
ちなみに、2回目の来店です。
「男ふたりでカフェ」ですが、旅にでてると何でも平気になります。

友人は、2,000円もするマンゴーパフェを食べてました。
さすがにかなり果実が入っていて、納得だったようです。
まわりのお客さんも大半がマンゴーパフェを食べていました。
やはり旅に出ると、財布の紐が緩むようですね。

タカセ貝ステーキ(楽園の果実/来間島)
<大きな写真>

パフェは好きですが、果実系に興味ないので、
メニューをみあさっていると「タカセ貝ステーキ(1500円)」が目に入りました。
自分は、タカセ貝には目がないのです。

大きめのタカセ貝は、
コリコリとした食感と、ほどよい柔らかさがあいなっています。
サザエとあわびの中間みたいな感じかな。
貝の味自体もしっかりしていますが、それほど嫌味のない味。
トマトソースの酸味がきいてさっぱりとして美味しかったです。

ほかに小鉢4品とご飯、お味噌汁がつきます。
全体的にやさしい味つけのするカフェなので、
女性向きだとおもいます。

デザートとコーヒー(楽園の果実/来間島)

プラス300円でジェラートとコーヒーがつきます。
シィークワーサーのジェラートでした。
結局1,800円と、わりと高価なランチになってました。

ブーゲンビリア(来間島)

お店の前には、ブーゲンビリアの花がさいていました。
本当の花は、白い部分だけですよ。
赤い部分は、昆虫にみつけられやすくなるよう色づいた葉っぱなのです。



より大きな地図で 2010 宮古島 を表示


旅行日:2010年07月05日
編集日:2010年10月07日