今日の宿泊は、ホテルサザンコースへと変ります。
理由はいつものとおり、パッケージツアーで1泊でも安いホテルを
利用するほうが、航空券が安いから。
で、今回はここのホテルが一番安かったわけですが、
昨日までのピースインに比べても断然グレードアップ。

とても施設は綺麗でしたし、
利用予定のスタンダードツインが満室の為、
デラックスツインへ変更となりました。

パイナガマビーチ(ホテルサザンコーストより)
<大きな写真>

前の前にはパイナガマビーチもあり、
港に近いので、釣りには便利そうです。
部屋から海が見えるだけでも、だいぶ気分が違いますね。

宮古島の道
<大きな写真>

ゆっくりと休みたいところでしたが、
太陽が高いうちに、宮古島で一番有名な場所へ連れて行くことにしました。
すでにあんまり乗り気ではない友人。
宮古島に来てここへいかなかったら、
それこそネタにはなりそうでしたがw

東平安名崎
<大きな写真>

宮古島の一番東にある「東平安名崎」です。
シンボル的な存在になっていますが、
この展望スポットって、意外とわかりずらい場所にあります。
事実、最初にきたときは思いっきり素通りしていました。

約2kmほど断崖の岬が続きますが、
写真左側の北側には、綺麗なリーフを見ることができます。
降りることができたら、ぜひ泳いで見たいところです。
右側の南側はまさに断崖プラス、浅瀬がまったくありません。
外洋からの波が、直接打ち付けるので迫力満点です。
2年前に来たときは、まさに台風直後で、
波しぶきが上まであがってきてました。

宮古島で一番東に位置する為、
間違いなく日の出スポットなのでしょうが、市内からわりと距離があるため、
なかなかこようとは思いません。
で、日中に写真を撮るときは、午後がいいですね。
午前中だと、逆光になりますから。

東平安名崎
<大きな写真>

先端までは、車でいくことができないので、
駐車場から10分ほどは先端部分まで歩きますが、
ほんと背中から受ける日差しがとてもきつい。
太陽をさえぎる場所もないので、
すぐに汗だくになってしまいます。

東平安名崎
<大きな写真>

春先には白いてっぽうゆりという花が咲き乱れることで有名ですが、
この時期は、テンニンギクという赤い色の花が目立ちました。
南国らしい強い色をした花です。
調べましたが、キク(菊)という名前がついていますが、
菊の種類ではないようでした。

東平安名崎
<大きな写真>

大阪まで1,473kmですが、台湾までわずか403kmです。
石垣にいくのと、台北にいくので、
飛行機にのってる時間は30分ぐらいしか変らないのも納得。

宮古まもる君
<大きな写真>

宮古まもる君です。
特徴的な顔立ちから、宮古島のキャラクター的な存在になりつつあります。
本来の目的とは、だいぶ離れてしまったようですが、
ちゃんと「飲酒運転根絶」のたすきに目がいくのであれば、
成功でしょうか。


より大きな地図で 2010 宮古島 を表示

-----------------------------------------------------------------------

インギャーマリンガーデン
<大きな写真>

東平安名崎を出た後は、島の南部をずっと走ってきました。
一度もよったことがなかったので、インギャーマリンガーデンを散策。
ちょうど湾がプールのようになっているので、外洋の波がかなり高くても、
泳げる可能性は高いようです。

インギャーマリンガーデン
<大きな写真>

地元の子どもたちが、橋の上から、飛び降りていきます。
結構な高さがありますが、海の底が見えています。
しかし透明度が高いから、
意外と深いのかもしれませんね。

海の中は珊瑚があったり、カラフルな魚が泳いでいるのが、
橋の上からも見えました。

インギャーマリンガーデンの海側
<大きな写真>

そのまま小高い岩の上までのぼっていくと、
見事な景色が広がっていました。
池間大橋同様、ペパーミントグリーンの海に、
黒い岩場が模様をつくっています。

適度な深さもあるようですし、外洋からの潮の流れで、
透明度はかなり高そうです。
海の中がかなり気になりますね。
シャワーを浴びてきて、普通の服になってきたことを後悔しました・・・


より大きな地図で 2010 宮古島 を表示