お腹をいっぱいにして、氷見を後にします。
この頃は少し雪も風も少し落ち着いてきましたが、
食事中の外の景色は、積もっている雪を巻き上げるほどの風。

今日の宿泊地は、輪島です。
のんびり食事をとっていたので、14時20分になっていました。
まだ2時間以上は走らないといけないでしょう。

-125
<大きな写真>

和倉温泉のある七尾市までは、富山湾沿いを走ります。
もし晴れていたら、富山湾の対岸には立山連峰が見えていたのですが。
とっても残念。
唯一センターラインが黄色いぐらいで、あとは白と黒の色の世界です。

能登大橋

輪島にいくと日帰り温泉施設がないようなので、
有名な温泉地の和倉温泉にははいらず、
能登島にある「ひょっこり温泉島の湯」を目指し、能登大橋を渡ります。

-127

ひょっこり温泉島の湯」に到着。
また雪が降ってきました。
土曜日の夕方前だというのに、かなりすいていました。
露天風呂がとっても広くて、雪見風呂をのんびりと楽しめました。
地方に来ると人が少なくて、のんびりしてて良いですね。
施設も充実、湯上りどころの畳の上でのんびりと入浴後もゆったり。
しかし輪島までまだ1時間以上あるというのに、おかげで時計は5時半。

-128

能登島を出る頃にはすっかり暗くなり、
さらに雪はどんどん降ってくるし。
穴水をすぎてたあたりからは、完全に雪道でした。
気温は0度ぐらいだったので、凍結の心配はなさそうでしたが、
やたら遅い車がいると結構怖いです。

民宿海岸通り

なんとか7時過ぎにはお宿に到着。
さすがに夜の雪道を走り終えると、ほっとします。

今日の宿は、「海岸通り」とう釣具屋の2階の民宿です。
素泊まりですがひとり3,500円と安い。
場所は朝市通りの入り口まで徒歩30秒w

民宿海岸通り

建て替えしたばかりだと思うのですが、
施設はとっても綺麗でした。
貸切風呂対応になりますが、お風呂もいつでも入れます。

生ビールと突き出し

まだお腹がすきもしませんでしたが、せっかくなので、
近くの「居酒屋たろう」へ。
輪島は遅くまであいている店が少ないので、要注意です。

白子の天婦羅

この季節はやっぱり鱈の白子(900円)ですね。
濃厚な味わいがたまりませんなあ。
天婦羅だとこってりしてるので、日本酒というよりビールにぴったり。

能登の冷酒・筋子

鱒の筋子900円・・・小さいし、結構高くて驚き。
醤油で漬け込んであるようで、これは完全なる珍味。
でも、日本酒にはぴったりと合います。
朝市通りに酒蔵のある「日吉酒造店」の
「白駒・能登の冷酒(800円)」をいただきました。
あっさりしてて、とても飲みやすい。
あ〜北陸の酒はほんとうまいなあ。