ぶり大根

ぶりといえば、これでしょう・・・ぶり大根。
見事なまでに綺麗な円形状の大根とぶりの切り身。
お箸がさくっと入ります。

口の中に入れると、大根がとろけて、
たっぷりとぶりの旨味を吸った出汁がひろがります。
思わず口元が緩んでしまいます。

ぶりも普通固くなってしまってるんですが、
結構柔らかくて・・・でも、味はすっかり抜けてました。
まさに大根が主役のぶり大根でした。

ぶりしゃぶ(豆乳なべ)
<大きな写真>

ぶりしゃぶ。
げんろくでは、豆乳を使ったしゃぶしゃぶ。
天然ぶりだから、結構あっさりしてるので、普通の出汁でも良さそう。

ぶりも去ることながら、野菜も美味しい。
冬は野菜も旬なものが多く、
葱や白菜がしゃきしゃきした歯ごたえと、甘みがたまりません。

氷見うどん

氷見名物の氷見うどんです。
普段知っているうどんと比べてかない細いです。
素麺とうどんの中間みたい。
実は冬なのですが、冷やしうどんです。
細いのですが、コシがしっかりとしていて、のどごしがとっても良い。

ぶりかま
<大きな写真>

ブリシリーズ4段目、ブリカマの塩焼き。
ちょっと写真じゃわかりずらいが、結構な大きさ。
香ばしい匂いが漂ってきます。

ぶりかま

中はとってもふっくらと焼かれていて、
脂があふれんばかりです。
まわりはカリッと香ばしく、中はふっくらと。
これまたいつもの養殖ブリに比べて、
とっても上品な味わいでした。

蕪蒸し

かぶら蒸し。
口の中にいれたときの、とろけ具合が最高。
思わずほっぺたが落ちてしまいそうになります。
かぶらの下には鰻がかくれてました。

天婦羅

もう終わりかと思っていたら、
天婦羅がでてきました。
海老二匹、かぼちゃ、れんこん、しし唐。
もう満腹です。

ごはん、お吸い物、香の物

もう入らないと思っていたのですが、
ご飯がとってもおいしい。
もちもちしてて、コシがあります。
さすが米どころ北陸ですね。
ごはんの甘みが違います。
白身魚のつみれ汁と香の物つき。

デザート

デザートのココナッツプリン。
あっさりした甘さなので、
ついつい食べてしまいました。

なんとか完食できましたが、
ビールなど炭酸系を飲んでたら到底食べきれないでしょうね。

大満足なブリコースでした。
ブリは、お刺身とぶりしゃぶ、ぶり大根、ブリカマの塩焼きの
4品でしたが、
それ以外も富山のきときと海の幸は最高でした。
天然の寒ブリは脂がとっても上品で、大満足。
一番おいしかったのは、やっぱり刺身かな。

しかし、メジマグロのトロもなかなかでしたが。