0922-112

川平タバガーは海は綺麗だったのですが、
珊瑚もなく、人もまったくいなかったので、
米原海岸へ再び向かうことにしました。

0922-113

米原焼きという焼き物の工房があります。
派手な色のシーサーのお土産がよく売っていますが、
ここのものだったんですね。
結構大きくて目立つので、記念撮影場所にもなってます。

0922-114
<大きな写真>

干潮へむかっていますが、前回と違い手前でも十分泳げそう。
沖ではダイビングボートがわんさかと停泊しています。
こんな状態だったら、リーフエッジからでても大丈夫そうですね・・・
でもフライトまでの時間を考えると、あまり遠くまでいくのは厳しい。

0922-115
<大きな写真>

川平タバガーとくらべると砂の色は、若干茶色っぽい。
透明度は十分に高い、綺麗な砂浜です。

0922-116

中央にとんがっている山が、昨日に登った野底岳。
右側の斜面から登ったんですが、わりと急斜面ですね。

0922-117

昨日は浅くて泳げずに、歩いていた場所です。
黄色い魚はチョウハン。

0922-118

珊瑚はないのですが、それなりに水草があったりして、
この上を歩いてたと思うと、ちょっと罪悪感を感じます。
フウライチョウチョウウオのペア。

0922-119
<大きな写真>

青い部分が輝いているサザナミヤッコの成魚。
あんまり浅い場所ではみかけないんですが。

0922-125

遊んでいるうちにみるみると潮が引いてきました。
だんだん泳いでいるのは厳しくなってきた。
輪郭が見えるのは珊瑚みたいな、石みたいな・・・
かなり頑丈です。

0922-124
<大きな写真>

石の脇にへばりつくイソギンチャクを発見すると、
小さな赤ちゃんカクレクマノミが住み着いていました。
親の事が心配になりました・・・
ほんと浅い場所にあったので、
もしかしたら親は人間に捕られたのかも。

0922-121

このイソギンチャクの淵を何かが動いていたのでの、
よく見ると透明な海老が・・・
透明で特徴がわかりずらいので、図鑑みてもよくわかりませんでした。

0922-122
<大きな写真>

さらにイソギンチャクを見回すと、
なんと裏側に蟹が張り付いていました。
触覚のようなものがあり、その先から透明なヒラヒラしたものが。

名前は、アカホシカニダマシ・・・
どうやら分類上はカニダマシ科ということで蟹ではなかったようです。
どうみても蟹にしかみえない。

蟹よりも、このイソギンチャクの裏側はこんなに平べったくて、
規則的な模様をしているとは思いもしませんでした。
綺麗な魚や珊瑚に目がいってしまいますが、

こういう小動物を探すのも結構楽しそうですね。
しかし、帰りのフライトの時間があったので、1時間ほどで終了。
急いで石垣市内へ戻ります。