0922-100

いよいよ最終日となりました。
朝食プランつきになっていたので、オープンとほぼ同時にレストランへ。
ひさびさにまともな朝食をとりました。
さすがに連休中とあって、すぐに満席となりました。

0922-101

15時の飛行機で石垣を離れますが、
こんないい天気ですから、最終日も泳ぐことにしました。
いままでで一番よい天気な気がしますね・・・

二日前に見つけられなかった隠れ家ビーチを目指します。
あれからブログ等でチェックして、なんとなくの場所が分かりました。

0922-102

川平湾へ向かいながら、川平をすぎて、そのまままっすぐ進みます。
そして、両サイドが畑になって開けてくると、
いくつかの農道がありますので、右にそれてあとはひたすら海側へ。

短パンでバイクにのってたので、足に草にあたったりして痛い・・・
ですが、逆にバイクで良かった気がします。
普通の車だと勇気いりますよね、こんな道を走るのは。

0922-103
<大きな写真>

まさにJTAの機内誌にのっていた風景がこれです。
なんともそそる風景ですね。
なんとか川平タバガーへたどりつきました。

0922-106

とても透き通るような白い砂浜と、抜群の透明度の海!
今まで見た中で石垣で一番綺麗だったと思います。

ビーチの北側にはホテルクラブメッドがありました。
なんとこんな綺麗な海の目の前にあるとはほんと贅沢。
しかし、贅沢なのは誰も泳いでいないビーチをひとり占めできたこと。

0922-105
<大きな写真>

宮古島の海にも匹敵するほどの水の透明度ですね・・・
自分以外に誰もいないのが不思議なほどの綺麗なビーチ。

0922-107

しかし、海の中は延々と砂が続いていました。
水の上から見ると、黒っぽい部分がだいたい珊瑚で、
白く綺麗な場所は砂だから、想像はついていたんですがね。
誰も泳いでいないものだから、あんまり沖のほうへも行きたくはないし。

0922-110

まさにエメラルドグリーン。
どうしてこんな色になるのか、ほんと不思議です。

0922-111
<大きな写真>

川平湾の全景。
まだまだ夏を感じさせてくれる青い空が広がっていました。