1219-27
<大きいサイズ>

船盛りです。
これもふたり分です。
真鯛の姿造りに、あわびのお造り・・・贅沢すぎます。
真鯛は篠島周辺ではよく釣れているそうです。
身は引き締まっていて、心地よい歯ごたえが口の中に残ります。

1219-28
<大きいサイズ>

そしてあわび・・・
コリコリしていて、でもさざえに比べて柔らかい食感がたまりません。
ほんのりとした貝独特の風味が広がります。
新鮮だから肝も生で食べることができました。

1219-29
<大きいサイズ>

あと出しの一品。
冷たいもの、温かいものは必ずあと出しです。
温かいものを最初からお膳にあるとほんとがっかりですが、
そのあたりは完璧でした。

ふぐの皮の煮こごり。
ぷるぷるとしたゼラチンの中に、こりこりとしたふぐ皮。
口の中でゼラチンがとけだし、ふぐのコラーゲンが広がります。

1219-31
<大きいサイズ>

ふぐの唐揚げ。
衣も薄くかりっと揚げられ、軽く塩こしょうでさっぱり食べられます。
ふぐ料理の中では一番味が濃い料理ですね。
身がほくほくしておいしい。

1219-32
<大きいサイズ>

サービスの一品。
ギフヤ旅館名物のじゃこ天です。
さっきのふぐとは違い、こっちはふっくらと揚げられてます。
生のしらすがまだ撮れてると思いますので、
生のまま揚げたのかな。
ほくほく、あつあつでビールが欲しくなります。

1219-33
<大きいサイズ>

最後に、てっちり。
部位によって様々な食感が楽しめます。
茹でることによって身の弾力が強くなり、ぷりぷりとします。
また皮に近い場所は、ゼラチンのプルプル感。
ふぐは脂が少ない魚なので、お腹いっぱいでも
最後までふぐは楽しめました。

1219-34

お腹いっぱいでしたが・・・
最後にふぐ雑炊。
鍋を厨房に持って帰って、きちんと作ってきてくれました。
さすがに鍋ひとつ分は食べきることができず。

1219-35

天草でつくったコーヒーゼリー。
デザートまで地産地消、海のものを使うこだわりに感服。

篠島含め、この知多半島沖では、冬の時期はふぐ漁が盛ん。
篠島のふぐは絶品でした。
ふぐはもちろんのこと、ほかの海の幸、料理の技、接客の心遣い、
まさに旅館ならではの料理のコストパフォーマンスで、
ギフヤ旅館にして本当に正解でした。