100

朝食会場は結構混雑します。
さすがに9時オープンって、結構遅すぎるので、
みんな待ち構えてます。

101

基本的に毎日同じスタイルでしたが、
バラエティー豊か。
1泊12ドルからしても納得。
手作りのチョコケーキはなかなかの美味でした。
すぐになくなるので、
やっぱり9時オープンに待ち構えるべきですね。

102

穂高さんともう一度コルゴバードの丘に行くことに。
登山電車乗り場から。
天気は良さそうですが・・・

103

みんな進行方向に向いている席に座っています。
4日前に来たときに比べるとすいてました。

104

単線なので、
ところどころで降りてくる列車とすれ違います。

105

あれ・・・

106

ブラジルのサンバ隊が駅でお出迎え。
しかし、さっきの景色で、
テンションが下がったままですw

107

こりゃ駄目だ・・・
さっきまでの天気が嘘のようです。
幻想的なことは幻想的なのですが・・・
霧とういよりは完全に雲の中にはいってるようです。

この後カフェで時間をつぶしたりしながら1時間以上待ったのですが、
まったく晴れる気配がない。
仕方ないので下山することにしました。
リオ到着後に行ってたので良かったです。

108

実質的にブラジル・・・いや南米最後の食事になるということで、
豪華にシュラスコレストランに入りました。
ランチとはいえ36レアル(約1,620円)しますが、
なかなかの内容です。

bbq-100

もちろんお肉はテーブルまで持ってきて、
きってくれます。

111

内側はレアでジューシー。
10種類以上の部位の肉が運ばれてきます。
食べたいものだけ食べるようにしないと、
あっという間にお腹も膨れます。

112

日本食メニューも結構ありました。
食事のみなら結構お得かもしれませんが、
含まれているとおもっていたデザートとコーヒーが、
別料金になっていて、
ビール含めひとり60レアル(約2,700円)と高額になってしまった。
確認しておけば良かったけど、大満足。

113

ブラジルカラーな水着。

114

コバカバーナ海岸をぶらぶら歩きながら、帰りました。
サンドアートでコルゴバード丘のキリスト像が見えましたw

宿に戻ると、カラファテで会った日本人にまたばったり。
挨拶もそこそこに、穂高さんにもお別れをし、
空港バスを乗りにコバカバーナ海岸へ。

116

30分以上も空港バスがやってこず、
結構あせりました。
一応ルートは宿で確認したはずだったのですが。
おかげで暮れゆく海岸を眺めて
センチメンタルな気分にもまったくならなかったw

117

途中渋滞もありましたが、
出発の1時間半前に空港に到着しました。

118

アメリカンエアラインズのチェックインカウンター。
荷物はされなかったけど、
質問がかなり厳しかった。
自分の荷物だけか?自分で荷物詰めたのか?
他人が詰めてないのか?・・・
そんなに用心するなら荷物をここでチェックしたらいいのに。

119

ニューヨークへの直行便もありましたが、
あまりにも早朝に到着しすぎる為と、
朝食を浮かせる為にマイアミ乗り継ぎ便にしました。
値段いっしょだったのでw

120

初のアメリカン航空。
行きのリマ行きもアメリカン航空で予約しましたが、
コードシェア便でラン航空でしたから。
シルバーベースのシンプルな機体。
いよいよ南米を離れます。

121

以外というか、機内は満席でした。
ポルトガル語やスペイン語より英語が飛び交います。

122

ビーフストロガノフをチョイス。
サービスの悪いとうわさのアメリカ系航空会社でしたが、
思ったより悪くなかったです。

治安・言葉で不安だった南米大陸を無事終えることができました。
思っていたよりも治安も悪くなく、
充実した旅を終えることができました。
ありがとう南米大陸・・・

乗継地のニューヨークで2泊して日本に戻ります。