101

地下のレストランで朝食を早めにとります。
チェックアウトの時間までに、
マナウスの町を歩こうと思いましたので。

102

目指すはマナウス中央市場。
正面の建物もマナウスの市場の一部だったようですが、
市場自体は現在は近くに移動して、
建物だけが歴史を物語っています。

103

ネグロ(アマゾン川になる前)川に面していて、
船からたくさんの荷物が市場に運ばれてきます。

104

市場内の魚売り場はすごい見ごたえありました。
思っていた以上に広い。

111

アマゾン川でとれた魚がところ狭しと並べられています。

106

フナのような魚。
魚体にはいっている縦の線は模様?包丁で切った後?
おいしそうには見えないな・・・

107

こっちは真ん丸い魚です。
ちょっとかわいらしい。

108

写真撮ってたら、魚を持ち上げてポーズ。
ガタイのいいにいちゃんなのに、
魚が小さいんだよなあ。

109

なんじゃこりゃ。
これが有名なピラルクーの頭です。
いかつい顔もさることながら、
すごい硬そうなウロコしてますなあ。

110

ピラルクーの身を干してロールにしたものです。
保存食か何か?

114

大きなピラルクーが山盛り。
どれも2m近くありますねえ。
観光客がみんな足をとめていきます。

112

こっちは、気持ち悪い模様のなまず売り場。
こいつも結構大きそうです。
わりと気さくな人が多いマナウスの中央市場。

113

でも、みんなきっちりと魚をさばいています。
朝のこの時間帯は一番忙しいのかな。

115

精肉売り場もありましたが、
魚に比べると人は少なかったかな。
でも、少ない分は観光客の少なさだったかもしれません。
わりとツアーに組み込まれているようで、
カメラをもった観光客が目にとまりました。

116

綺麗に並べられたライム。
ライムといえば、ブラジルのカクテル、
カイピリーニャにはかかせません。

117

ブラジルの人はわりと几帳面なのかな。
パイナップルが整然と車の荷台につまれています。

118

こちらはバナナ。
量が半端なく多いです。
さすがアマゾンの中心マナウスの中央市場ですね。

119

ここの売り場バナナだらけ。
ブラジル人はバナナ大好き?

120

川岸からはたくさんの建物が密集しています。
乾季だとどんな感じになってるんだろ?

121

市場の周辺には仮店舗風のお店がたくさん並びます。
生活用品が売られている場合が多いかな。

122

アマゾネス劇場以外にもコロニアルな建物が目にとまります。
一攫千金を夢見て移住してきたヨーロッパ人の建物です。

123

コンビニなどはありませんが、
通りには軽食スタンドがあります。
チーズフライとコーラ。
ふたつで3レアル(約120円)
ジャンクな組み合わせですが、めちゃうまい。

やや暑くなってきた10時頃に部屋に戻り、
エアコン部屋をチェックアウト12時ぎりぎりまで堪能。

124

荷物を預けて、再びマナウスの町を散策。
手ごろなレストランを探しながら、
歩くが意外と入りやすい場所がない。

125

港のターミナルまでやってきた。
ここからアマゾン川流域の都市へ船で移動できるが、
移動時間は日数単位。
港の周辺には船のチケット売る店などがたくさんある。

126

結局昼食はターミナル内にあるレストランにて。
またもや肉になってしまった。
というよりもこういう感じのメニューを出す店が大半。
あとはピザなどが人気。

128

再び、アマゾナス劇場まで戻ってきてしまった。
これ以上見所がないようなので、アマゾナス劇場に入ることに。

1896年にヨーロッパ人が建築したオペラハウスで、
歴史は100年以上を数える。
アマゾナスって名前が優雅な劇場と違和感がある。

130

思っていたよりも立派な館内。
日本ではこういう場所はないから、これだけでちょっと感動。
壁際にはボックス席があった。
金持ちはこういう場所でみるんだろうね。

132

劇場から外を眺めるととってもいい天気。
昨日までがこんな天気だったら、良かったのに…悔しい。
150万人都市のわりには中心部にビルは少ない。

ゴム景気以降、
郊外には日本企業をはじめとした、多数の工場ができたので、
人の流れは中心地よりは、各工場が中心なのだろう。
マナウスは熱帯雨林を伐採し、
工場を建設しながら広範囲に広がりつつある。

133

今回泊まったゲストハウス。
ビジネスホテルに近いランクかな。
立地は悪くないが、市場などには少し遠い。

134

することがないので、日が暮れるまで、
広場のベンチでボーっとしていた。
近くの教会でミサがはじまると少し顔を出したり。

135

仕方ないので早めに空港までいくことにした。
近くの観光協会で聞いたとおりのバスを待つのだが、
いっこうに自分がのりたいバスがこない。
それだけならいいのだがバスが、ひっきりなしにやってくるので、
常に注意していなければならない。
空港方面にいくバスは少ないのか、40分ほど待ってようやく乗車。
待った甲斐はあって1時間ほどの乗車で、たった2レアル(90円)。

空港には午後9時頃についてしまった。
乗る便は深夜の4時なので、途方もなく長い時間。
もっと空港は賑わっていると思っていたのだが、意外と静か。

136

微妙な腹具合だったので、
晩御飯は軽食ですますことに。
ずっと食べたかったブラジル名物のポンデケージョ。
チーズ風味のパンで、もちもちして美味しい。
ただ空港価格なので、1個4レアル(約180円)もするのが難点…

137

パソコンで漫画を読みながら時間潰し。
1泊分浮くとはいえ、この時間帯のフライトはもったいなかったかな。
少し後悔。

138

チェックインが始まったので、
中のベンチで寝ようと思ったら、寝にくい仕様w
とにかく朝4時のフライトまで待つしかない。