最近、釣りバカ日誌のはまちゃんの気持ちが、
分かるなあ・・・
週末が待ち遠しいです。

というわけで、今回も若狭方面の筏釣りに、
いってきました。
前回とは違う場所で釣りたかったので、
大して場所は変わらないのですが、
小浜の先の泊港にあるはとう渡船にお願いしました。
5時出航ということなので、
朝2時半ごろに家を出発。

途中、餌を買って、すきやで牛丼食べて、
渡船屋に到着すると、すでに結構な人です。
いくつか渡船屋があるのですが、
だいたい同じ時間に出航するんでしょうね。
餌釣りよりも、エギングする人のほうが多かったかな。

まだあたりは真っ暗ですが、
釣り物に応じて、筏でおろしてくれます。
筏の場所は、松ケ崎筏です。

1017-100

暗いうちは全然つれませんでした。
まあ時間はたっぷりあるし、ビールでの飲みましょう。
大好きな琥珀エビスが、発売されました。
冬季限定なんです。

1017-101

それにしても、南風が強くて、筏はよく揺れるし・・・
しかも、釣果がぜんぜん良くない。
6時過ぎから9時半ぐらいまでは、ぽつりぽつり釣れました。

深さ25mぐらいあるので、ほぼ23mあたりで待ちます。
というよりサビキ釣りなんですが、半分ほどの針にオキアミをつけました。

最初は20cmほどのアジつれましたが、
途中から20cmほどの鯛の小さいのが釣れました。
ちょっと刺身にするサイズじゃないんですが、
十分にお持ち帰りできるサイズです。

10時頃からは、1回だけあたりがありましたが、
ばれちゃいまして、それが運のつきだったか。
3時間ほどまったく釣れなくて、
挙句のはてに、雷をともなった土砂降り。
最悪ですよ・・・
もう、晴れてきそうだったのに、雷なってるから、
撤収してくださいとのこと。
おいおい、まだぜんぜん釣れてないよ〜〜。

で、港に戻ってくると、すっかりと晴れていい天気。
安全第一の船頭さんの気持ちも分からないでもないけど、
ダレもが見てもこれから晴れそうだし、
雨雲レーダーもそう言ってますよ。

まだまだコマセもあまってたし、
お土産には乏しかったので、いつもの小浜新港で豆アジ釣り。
まあここはおもしろいように釣れます。
とはいっても、豆アジなのですが。
後は、外道のヒイラギとの戦い。
仕掛けを筏から一部流量できたので、
沈めてから撒き餌をまくと、アジばかりだったので楽でした。

いつもどおりの仕掛けで釣ってる、横のファミリーは、
半分以上がヒイラギでしたから。
まあコマセのもちもいいので、ぜんぜん無くならないし、
なくなりそうだった横のファミリーにコマセを渡して、
午後5時に撤収です。

本日の釣果です。

1017-103

目的の中アジはたったの3匹でした。
残念無念・・・
あと小浜新港でつれたカマス。
カマスは開きに。

1017-105

つれた3匹のアジは、
すべて私がタタキで頂きました。
父がもうないのか?と残念がってました。
もっと釣ってくるつもりだったんだけどね。

1017-104

豆アジ(50匹ぐらい)。
これは我が家で好評の南蛮漬けになりました。

1017-102

真鯛の小さいの6匹(17〜23cm)
活け〆してこなかったんで、
刺身にしたら身がゆるくて不評でした。

1017-106

後日、タジンという鍋を使って、
昆布をひいて酒蒸し風に。
タジンはアフリカの鍋料理なんですが、
水が少ない土地なので、
鍋の水蒸気を再利用するようにできている鍋です。
なので、水分がたっぷりあるので、
こういう料理に向いてます。
ちょうど1人前でいい量で、
これはなかなか旨かったです。

ちなみに周辺の筏で釣っていた人も、
ほとんど釣れていなかったようです。
ほかの日は結構釣れていただけに残念。
今度はもっと釣らなくては!