最終ポイントはサバ崎付近ですが、
結構海の真ん中・・・

0720-138  サバ崎付近(西表島)
大きいサイズ(1024×768)>

深い部分からの浅い場所への珊瑚エッジが楽しめるおもしろいポイントです。
この透明度で深い場所は底が見えないから、結構深いのかも。



魚の数も多い。
珊瑚だけじゃなく、海の青さも楽しめる。

0720-139 ノコギリダイの群れ(西表島)

ノコギリダイの群れ。
100匹やそこらじゃない数ですね。

0720-141 ゴマチョウチョウウオ(西表島)

ゴマチョウチョウウオ。
淡い黄色にゴマのような点々が・・・で、ゴマチョウチョウウオですか。
意外と名前のつけ方って簡単なものが多いですね。

0720-142 ヤリカタギ(西表島)

ヤリカタギ。
槍先のような形なのかな・・・

0720-143 トノサマダイ(西表島)

トノサマダイ。
チョウチョウウオ系統含めて、似たような魚が多くて、
なかなか名前を覚えるのは大変。

0720-144 デバスズメダイ(西表島)

デバスズメダイ。
単純な一色だと思ってたんですが、綺麗な色してますね。

0720-145  サバ崎付近(西表島)
大きいサイズ(1024×768)>

浦島太郎がずっと竜宮城にいたのも納得です。
時がたつのも忘れてしまいます。

0720-146 コテンハコフグ(西表島)

コテンハコフグ。
狸のような、パンダのようなハコフグ。

0720-147 モンガラカワハキ(西表島)

モンガラカワハギ。
奇抜なデザインですね・・・

0720-148 オオフエヤッコダイ(西表島)

オオフエヤッコダイ。
魚というより、鳥が泳いでいるようにも見えます。



だいぶ奥のほうまで泳いでいくと、枝珊瑚が群生していました。



360度、どこを見渡しても珊瑚。

スノーケリングはこれにて終了です。
各ポイントで1時間弱ほどの時間がありましたが、大満足でした。
1日目、2日目のうっぷんを晴らしてくれました。
西表島にはあまり珊瑚のイメージがありませんでしたが、
こんなに素晴らしいポイントがあったんですね。