続きです。
その1はこちら


EOSKissD

5代目、Canon 「EOS Kiss Digital」(2003年9月発売)

一眼レフデジカメがやっと手の届く価格になった。
発売とほぼ同時に購入・・・
とはいっても、13万円以上してました。
いまや5万円台で買えますからね。
ファインダーをのぞいて撮影するときの心地よいシャッター音。
一眼レフはやっぱり良かった。
この時点で650万画素だったけど、記録するセンサーが違うから、
だんぜん写真も綺麗です。
かなり使い倒したので、傷だらけでしたが、友人に譲りました。


u720SW

6代目、OLYMPUS「ミュー720SW」(2006年3月発売)

なんとこのまま水中撮影が可能ということで、
沖縄旅行にあわせて購入。
「え〜大丈夫?」というぐらいに防水デジカメは浸透してなかったので、
ちょっとした優越感を味わってましたが、
かなりレスポンスも、写りも、液晶画面も悪いです。
ISOあげるとノイズもひどい。
なので購入してから、2ヶ月たらずで買取行き。


IXYDigital900IS

8代目、Canon「IXY Digital 900IS」。(2006年10月発売)

OLYMPUS「ミュー720sw」に変わる水中用として発売してすぐ購入。
これまでデジカメは36mmが主流だったのが、初の広角28mm。
水中に入ると屈折の関係で、テレ(望遠)側になるので選んだのと、
ISという手振れ防止を装備。
当然、防水プロテクターを使用しますが、だんぜんいい。
申し訳ないけど、OLYMPUSとの違いに唖然でした。
水中以外でもかなり使えるカメラで、
現在でもコンパクトデジカメとして使用していますが・・・・?



X

9代目、Canon 「EOS Kiss Digital X」(2006年9月発売)

キスデジとしては3機種目で、だいぶ洗練されてきたので、初代から買い替え。
ただし本体のみ。
初代は起動に2秒かかったのがとにかくネックだった。
あと連続撮影ですぐにバッファーメモリー(撮影したデータを写す)がすぐいっぱいで、
待ち時間がすぐに生まれてた点もネック。
現在でもメインで使用しています・・・特に不満はないけど。
一眼レフだと本体を買い換えるよりはレンズを変えた方が良かったりするので、
現在は交換用レンズは3本所有しています。
今の一眼レフは液晶を見ながら撮影できるんだよな・・・
ということで、若干買い替え意欲少々。


G10

10代目、Canon「PowerShot G10」(2008年10月発売)

コンパクトデジカメの位置づけで購入した。
購入理由は南米は治安が悪くて一眼レフカメラがあまり出せないのでは?
という理由とRAW画像で撮影できること。
一眼レフデジカメに勝るとも劣らないハイスペックなのだが、
なんせコンパクトデジカメにしては大きすぎて、ポケットには入らない。
ので、南米向けに買ったのに、持って行かず。
液晶モニターが3型で46万ドットでめちゃくちゃ綺麗。
ですが、どうも持ち歩くには不便という理由から、手放しました。
まだ買い取り価格が比較的高かったので。