思い返せば・・・


FinePix1500

初代、富士フィルム「FinePix 1700Z」(1999年発売)

当時150万画素はすごかったんだけど、
なんせメディアが高かった。
4MBで4,000円ぐらいしてたし、
150万画素で撮影してたら、20枚も撮れなかったよ。
中古買取でさようなら・・・


FinePix4500

2代目、富士フィルム「FinePix4500」(2000年発売)
これは大活躍。
メディアも64MBで5,000円弱になった。
1ヶ月マレー半島縦断と3ヶ月インドシナ旅行についれていった。
タイの水掛け祭りで水没するも自然復活・・・
しかし帰りのバンコクの空港で落下して壊れた。

今から考えるとひどいスペックだな・・・


FinePix F401

3代目、富士フィルム「FinePix F401」(2002年発売)
2代目が海外で壊れたので、保険にて買い替えた。
しかし、次のカメラを買うためにあまり期間をおかずに後輩に売った。
あんまり記憶に残っていないカメラ。


FinePix S602

4代目、富士フィルム「FinePix S602」(2002年発売)
ちょっといいカメラが欲しくなり、一眼レフ風の購入。
310万画素で、6倍ズーム。
旅行にはいいんだけど、大きいのがつらい。
ハイスペックでなかなか良かったです。
最後は、デジタル一眼の登場で中古買取。


DSC-U10

5代目、SONY「Cyber-shot U10」(2002年発売)
4代目S602が大きすぎたのでサブカメラ的に買い増し。
重さ87gで長さも9cm弱とかなり小さくて便利。
この時から、カメラは大きいのと小さいので2台持つようになった。