昼食後、車をさらに進めていくと行き止まりになりました。
ここから先には道がありません。
西表島の北側と東側には道がありますが、
西側の大半と南側には道がないのです。

そして車を止めて歩くと南風見田の浜にでてきます。
全長2km以上も続く綺麗な浜ですが、
ちょうど干潮時間帯に来てしまったので、海が干上がってます。
かなり遠浅なので、泳ぐには適していないっぽいです。
それにしても人が少ない。

少ないといえば、西表島に住んでいる人口も少ない。
鳩間島の人口は70人だったが、面積は1k?もない。
大して西表島は、290k?もあるのに、2,200人・・・
ということは、西表島は1k?あたり7.5人しかいない。
ざっと人口密度は鳩間島の10分の1だ。

西表島一番の大原の町を通り過ぎてもこのとおり・・・
信号が本当に必要なのだろうか。

この島の一番の観光名所は、由布島。
島といっても、西表島との距離は400mほどで、対岸に見えている。
かなり遠浅になっているため、水牛車で渡ることができる。

が、由布島自体にあまり自分には魅力がない。
植物園のあるだけで、
どちらかというと水牛車で渡るほうがメインになっているようである。

昨年の竹富島でも水牛車にのっていたし、
また友達の体調もあまり優れないようなので、いくのは断念。
しかし、写真は撮りたかったので、
水牛車が通っている場所まで歩いていくことに。



ほんとうに、かなり浅い場所にあります。
しかし歩いていくと、スタッフの人に注意されました。
由布島に入るには入園料が必要だからだと思います。
「写真撮ってるだけです!」と言うと、
「牛のうんちに気をつけて」と返事が返ってきました。
よく見るとあちこちに落ちてますね・・・w



しかし、水牛車に乗っているよりも写真的にはいい絵が撮れます。
水深は20cmもない状態だし、
のんびり歩いていくのも悪くないなあ。
とにかく入園料込みで、1,300円のはちょっと高いと思いますよ。

歩いている人は他にはいませんから、
水牛車に乗っている人からは、かなり注目の的でしたけどw