いろいろと情報を調べていると
ここから南下していく時に、
もしバスで移動すると必ず30時間の移動が絡んでくるようです。
ということで、ここは飛行機を使いどころ。

ここからはプンタアレーナスという町までは、
LAN航空とSKYエアラインズが飛んでいます。
SKYは格安航空会社でなんと1週間先まで満席。
LAN航空も昨日の夜に調べていたときはあいていたので、
大丈夫だろうと思っていたのですが、
なんと今日ある2便も満席に…

このまま1日ボーっとしてるのもなあ…。
ということで急遽バリローチェ行きを決断。
そしてバスチケットを購入して、
時間つぶしにネットしてると、
LAN航空に空席が出てました。
ということで、そのままネットで購入。
しかし、夜10時にフライトして、現地に深夜0時に着くという、
到着後が不安なフライトを予約してしまった。

結局こんなことしてると午前中はパーに。

昼食を食べようと町をぶらぶら。
かなり天気は悪いです。

町で一番大きなショッピングモールにはいりました。
平日の日中でも結構賑わってます。
ヨーロッパ文化の影響も大きく、
オフィスなどは昼間に2時間近くの休みになります。

食料品コーナーを除いても、
ぜんぜん魚は売ってません。
目の前に海があるのにほんと不思議。
肉ばっかりです。

当然レストランも肉ばっかり。
一昨日いったアンヘルモという漁港町へ向かいます。
歩いても3キロぐらいですが、
バスに乗車。
350ペソ(約60円)。

再び同じ店に入りました。
サーモンのセビッチェです。
つきだしについてるのですが、美味しいのでまた食べました。

魚介には白ワインでしょう。
というよりビールはお腹が膨れるので、
ワインで我慢的な要素が多いんですがw

魚介のスープです。
これが激うまいです。
たっぷりの貝が入ってます。
サンチアゴのレストランのほうが貝はでかかったですが、
味はこの店のほうがかなりうまい。

2品とワインで8,000チリペソ(約1,300円)です。
最近、豪華な昼食が続きます。

結局、また昼過ぎから晴れてきました。
いつも同じパターンです。

街中に金持ちそうな旅行者が多いと思ったら、
豪華客船が停泊していました。
おそらく南極行きか、帰りですね。
同時に街中に金をせびる人が急に増えました。

なんかすることなくなったので、
ショッピングモールのフードコートで、
ビールを飲みながら、日記を書きます。

夕方になると出没する屋台。
同じ場所に同じものを売る店が3店あるのが不思議。
かなりうまそうです。

結局買いました。
500ペソ(85円)です。
牛肉とソーセージなどがささってて、結構食べ応えがあります。
軽い塩味でうまい。

宿に荷物をとりにいき、
バスで空港へ向かいます。
1600ペソ(約270円)で、約20分間の乗車。

ひさびさの空港です。
プエルトモンは小さな空港で、国内線のみの運行。
航空会社もLAN航空とスカイエアラインだけでした。

22時の便でプンタアレーナスへ飛びます。
やっぱり席は満席でした。
子供連れが席がばらばらということで、
席を替わってくれということで変わりました。
夜だったので窓側にはこだわりませんでしたが…
昼間なら断固反対w

軽いスナックが出ました。
というより、これが夕食となりました。

約2時間のフライト。
深夜0時をすぎて、プンタアレーナスへ到着。
さてさて…

インフォメーションもしまってるし。
タクシーはかろうじてあったんですが、
この時間に町へいくのもね…
スタッフに聞いてみたら、空港は24時間稼動してるらしいので…

はい、ここで寝ることに決定。
バックパックを枕にして、3時間ぐらい寝ちゃいました。
あとは電源があったので、パソコンで漫画を読んでました。

なんかたくましくなったというか、無茶苦茶。
8年前にソウルの空港で寝て以来の空港泊でした。