夜食用のパンとジュースが就寝前に配られました。
車内では映画やギャグのテレビが放映。
しょうもないギャグにみんな笑ってました。

7時をすぎてようやく明るくなってきます。

朝食代わりのビスケット。
バス会社のオリジナルパッケージというのがすごい。

昼をすぎて、ようやく西側に太平洋が見えてきました。
セレナという街からはバスは満席。

途中、昼食休憩にドライブインに立ち寄ります。
建物はとても綺麗。

一番安かったミートパスタセットで、1590チリペソ(270円)。
量的にはちょうど良かったし、
パスタもぶよぶよでないので、まあまあです。

なぜかキーロックをしてしまったらしく、
バスのドアがあかずに15分ほど立ち往生。

だいぶ南国らしい景色になってきました。
海はすぐ横です。

道路も片側2車線の高速道路。
チリは想像以上にきちんとした国です。

南米最高峰のアカンコグアの山が見えてきました。
サンチアゴはもうすぐ。
あたりには緑も広がり始めます。

バスターミナルに到着。
約22時間の長旅がようやく終わりました。
2泊分シャワーを浴びてないので、はやくシャワーを浴びたい。

中心部のセントロまで、
地下鉄で移動します。
ほんと田舎者が都会にきたという感じで、
驚きがいっぱい。

ガラスの部分が多くて、
車両連結部分も狭くなっていないので、明るく開放的。
NYの地下鉄とはえらい違いです。

宿探してたら、またD君とばったり。
せっかくなので、いっしょに宿探し。
朝食つきで15ドルと高いですが、
概観からして結構いいホテルに見えます。

今日は日曜日。
店もほとんどしまってますし、人通りもぜんぜんありません。
それにしても建物といい、
休日の休みっぷりといいサンチアゴはヨーロッパそのもの。

旧市街地のアルマス広場。
大道芸やらいろいろやってました。
この後、写真撮ってたら、みつかってしまい、
呼ばれてこの輪の真ん中で、このおっちゃんとトークショー。
ちょっと英語がわかってて、それをみんなに大きな声でスペイン語で話してたのか、
いつもみんなが笑ってた・・・。
馬鹿にされてたのか?
なんかしらんけど、楽しませてもらいました。

いやあほんとに旧市街地とは思えないほど、
綺麗な町で、ちょっとお高いデパートなどがはいってます。

カップルのいちゃつきぶりがチリにはいってアップした気がします。

チェスをしてます。
そういえばリマでも屋外でチェスしてたなあ。

安食堂街の一角のレストランでまずはビール。
ひさしぶりの生ビールです。
やっぱりビールは温かい場所に限る。
サンチアゴは標高500mぐらいなので、普通に南半球の夏を感じられます。
ほんとしばらく高地で寒かったからなあ。

貝のたっぷりはいったスープを頼みました。
ちょっと大きさがわからないかもしれませんが、
かなり巨大で量も半端なく多いです。
大きなアサリとムールがが大量に入ってます。
味は抜群に美味しいです。
が、あまりの量の多さに完食できませんでした。

これが食べてたレストラン。
人気チームのサッカーの試合があったようで、
みんなサッカーに夢中。
従業員も夢中でした。

路上の売店で発見。
HENTAIって、思いっきり日本語やん。
一応18禁らしい。
夜になると普通にエロDVDとか、路上で販売してました。

みんな踊っています。
なんのためのものかわかりりませんが、
女性が歌って、音楽かけて、
自然と人が集まってくるようです。

これが今回泊まっているホテル。
中心部からも近いですが、
ちょっと落ち着いた場所にあって、雰囲気も良いです。