4時30分起床。

1週間前から微妙に風邪が治りきらない。
時々変に咳き込んでしまうし、
旅行当日だというのに少しも気分が乗ってこない。

しかも一昨日は仕事を片付けるために深夜2時帰宅。
さらに昨日は酒の誘いは断れず、飲みに行ってしまった。
すごく体調が悪いわけはないのが。

気分が乗らないのは体調のせいだけではなく、
インドへ行くという不安から来るものとういことを
心のどこかで分かっている。

今回はまず伊丹空港から成田空港へ、
そして成田空港からデリーへと向かう。
西へ向かうのに、わざわざ東へ一度向かうのは
ナンセンスと分かっていても、これもJALのマイルのため。
自分が加入しているクラブAのカードだと
カード購入や特典、期間限定のボーナスなどついてきて、
ざっと16,000マイルたまる。
国内線往復、韓国往復の特典往復航空券15,000マイル分に相当する。
これは大きい。

確かに関西空港発のインド直行便は毎日ではないが、
水、土、日曜日にエアインディアが香港経由で飛んでいて便利。
しかし、曜日の並びが良い為にJALよりも高く、
ましてどこのアライアンスとも提携していないので、
マイルはまったくたまらない。
今回はマイルのために余分に1日休みをもらって旅に出たことになる。

比叡山坂本駅

最寄り駅の湖西線、比叡山坂本駅から、
始発の電車に乗り、途中乗り換えて大阪を目指す。
海外旅行の旅立ちの日は、なぜかいつも天気が良いなあ。

成田空港

伊丹空港は、さすがにGWであり混雑していたが、
普段に比べてそれほど混んでいるようにも感じない。
しかし国内線とは別に国際線乗り継ぎ専用搭乗カウンターがあるが、
そこはパスポートを確認する時間が必要なため、比較的混んでいた。
さすが海外へ出かける人は多いようだ。

座席は満席状態で、
乗客がガイドブックを見ているのだが、
それぞれ場所が違うことが少し面白かった。
自分はインドのガイドブック、
横の座席の人はフランスのガイドブック、
その奥の人はロサンゼルス。

伊丹空港

悔しいほど天気は良い。
離陸してしばらくしてからも陸上の景色がよくわかる。
今回は富士山を見ようと後方左側の座席をあらかじめ確保。

伊丹空港上空
<大きな写真>

伊丹空港の上空。
さすが以前は国際空港だっただけに大きい。
いつも六甲山向きの北西側に離陸して、
その後、旋回しながら上昇していく。

富士山
<大きな写真>

大阪を出てからも雲ひとつない天気で、
ずっと地上の景色を眺めていました。
まだ高い山だと残雪も残っているので、
御岳、中央、南アルプスなどははっきりと見ることができました。

富士山
<大きな写真>

富士山は月並みですが、やっぱり日本一の山ですね・・・
これほど綺麗な円錐形をした山は早々世界でもないのでは。
この後、飛行機は伊豆半島を横断して、
東京都内を避けるように、房総半島をぐるっとまわって、
九十九里浜側から着陸。

成田空港

成田空港の第1ターミナルです。
こちらは、スターアライアンス加盟の航空会社が並びます。

それにしても成田空港は予想以上に広い。
関西空港であれば着陸してものの2〜3分でターミナルへ到着する。
しかし混雑していたことも原因だろうが、
着陸してから、飛行機を降りるのに15分以上かかった。
予想より早く着いたかなと思ったら、
結局時間通りの到着だった。

時計は午前9時50分。
家を出てから約5時間かけて、
まだようやく成田空港についたばかり。

そしてデリーへの出発時刻は14時50分。
まだ5時間近くもあるなあ。

【旅行実施日:2007年04月29日】
【日記記載日:2007年05月10日】