昼食場所はガイドブックを参考にして、
かなりあちこち探しましたが、
あまりピンとくる場所はありませんでした。
本当はワイン蔵みたいな場所で食べたかったのですが、
どうも勝沼自体が観光化されているようで、
それほど雰囲気のよい店がなく、
結果的に「ぶどうの丘」という大きな施設で、
昼食をとることにしました。
勝沼の町を一望できる場所にあり景色はよく、
一面ぶどう畑の緑色に覆われている様子がよくわかります。

写真
《ワインビーフを使った手作りハンバーグステーキ》

「ワインビーフを使った手作りハンバーグステーキ1700円」
しっとりとした食感で、手作りでつくったような懐かしい味がします。
ところでワインビールっていったい?

昼食を終えた頃にはすでに午後3時。
途中、石和温泉のサティで夕食の買出しをすませ、
宿泊場所の八ヶ岳高原を目指します。
テイスティングのワインのほろ酔い加減と
満腹感でかなりの睡魔が襲い続けていました(内緒w)

今回の宿泊は、セラヴィリゾート泉郷にある貸別荘。
センター棟で受付をすませ、車でコテージへ。
まわりは緑に囲まれて、なかなかいい感じです。

写真
《コテージ》

建物はだいたいこんな感じでしょう。
ダイニング部分は広くて、会食するにはぴったり。
キッチンもお皿類や鍋類などの調理器具もひととおり、
浴室とトイレはセパレート。
寝るスペースとして和室の部屋があります。
何より全体的に清掃が行き届いているので、
とても気持ちがよいです。

写真
《ダイニングスペース》

さすがに眠気には勝てず、
1時間ほどの仮眠時間を頂いて(実際15分で目がさめ、シャワー)から、
いざ夕食のスタートです。
おいしいワインが待っていると思うと、やる気も倍増?

さすがに女性ふたりがいると、
テキパキとことが進みます。
ちょこちょことお手伝いはさせていただきましたが、
あっという間に夕食ができあがりました。
テーマはイタリアン。

写真
《本日の食卓》

・ボンゴレビアンコ
・ブルスゲッタ
・サラダ
ここからは完成品
・生ハム・ローストビーフ・ソーセージ・うなぎの蒲焼きなどなど

どれもおいしかったです。

写真
《ボンゴレビアンコ》

実は今日行ったグレイスワイン以外のワインで、
同じ値段ぐらいのを買ってはみたのですが、
やっぱり味は違いました。
グレイスワインはやっぱりおいしいです。
おいしいとワインも食事もどんどんすすみます。
最後は、お土産用に買っていたワインにまで手を出してしまい…

もっと話はしていたかったんですが、
しらない間に寝ていました。
さすがに睡眠1時間弱では厳しかったようです。
ようやく長い1日が幕を閉じました。