今日の宿泊地は竹富島。
石垣到着が15時。
明日のことや天気のことを考えると、
竹富島観光の名物、水牛観光は今日中に終えてしまいたい。
水牛車の最終出発は16時。
石垣発15時45分の竹富島行きに乗らなければいけない。

1day-111day-12

時間短縮のために飛行機には荷物を預けずに、
ターンテーブルから荷物を出てくるのを待つ乗客をしり目に、
タクシー乗り場へ。
ここまではよかったのだが。

離島桟橋までは1,000円もかからないだろう。
そして、こまかいお金があるか、
調べようと思ったら、財布がない・・・
すぐに思いだしました。
飛行機の前ポケットに入れっぱなし。
ついつい飛行機の中で飲みすぎたようです。
地上係員に座席番号を告げると、
5分もかからずに持ってきてくれました。
反省しなければ…。

気を取り直して、タクシーに乗り込み、
離島桟橋まで移動します。
運転手さんはいろいろ話かけてきて、
到着するまでのわずかな時間は、
ずっと話をしていました。

1day-131day-14

15時30分頃には、離島桟橋に到着。
15時45分の竹富島行きの船には十分。

それにしても離島ターミナルは、
大きな建物で綺麗です。
それもそのはずオープンしてまだ1年たっていない。
各航路の出発時間の電光掲示板があったりして、
まるで空港のよう。
少なくとも石垣空港よりは立派。



また頻繁にあちこちの島への便が出ています。
新規参入のドリーム観光を除けば、
2社の船が、同じ路線に同じ時間で走らせている。
たとえばこの竹富島行きにしても、
1日中、毎時2本、同じ時間帯に船が出ています。
どちらかがずらせば、毎時4本になり、
もっと便利になるはずなのに。
理由はわかりませんが、
お互いに意地を張っているのか不思議なところです。

1day-15

真横には15時30分の波照間便。
外洋をすすむにしては、小さな船。
しかし船には荷物がどんどん積まれていき、
人間の定員が12名というのは納得。
台風が那覇を直撃というのに、
波照間便は運航しているようです。
これなら明後日は大丈夫だろう。

1day-16(拡大表示)1day-18(拡大表示)

石垣島にはわずか1時間弱の滞在で、
竹富島へ向かう。
南国らしい濃い青空が広がる中、
けたたましい音をあげて船はすすんでいく。
時間にしてわずか10分、
みるみる石垣の街が遠くなり、
あっという間に竹富港に到着。

1day-19(拡大表示)

夕方ということもあり、
これから石垣島に戻る観光客で、
桟橋は賑わっていた。
逆に港に下りたのは自分たちを入れても、約10人。
竹富島は日帰りで十分楽しめるということだが、
日帰りの観光客が去ってからが、
本来の竹富島に戻り、のんびりした雰囲気がいいとの事で、
1泊は泊まることにして民宿を予約していた。

港につくとレンタルサイクルや水牛車観光の
送迎車がずらりと並んでいた。
しかし不思議と誰も話しかけてこない。
理由は安易に想像できる。
昔あまりに客争奪戦が激しくなり、
いろいろ大変だったのだろう。
規制に乗り出した自治体が規制したに違いない。
いやな思いをしない反面、
客引きがこないとどこか寂しい気もする。

1day-20(拡大表示)1day-21(拡大表示)

今回は予約していた新田荘という民宿と、
同じグループということで新田観光のバスに乗り込む。
島内はわりと綺麗な道が走っている。
わずか5分で水牛車観光の拠点に到着。
流れ作業で、スタッフが説明し、
荷物を預け、受付でひとり1,200円のお金を払い、
名前が呼ばれるまで待つ。

1day-22(拡大表示)