民宿のおじいに車で桟橋まで送ってもらう。
しかし運転スピードが半端じゃなくおそい。
民宿のスタッフが手を振って見送ってくれるが、
見えなくなるまで振り続けてくれる。
しかし、車が遅いために、振り続ける時間が長くかわいそう。

2day-27(拡大表示)

午後からは楽しみにしていたスノーケル。
13時に携帯に今石垣を出ましたので、
10分ほどで到着するとの電話がはいる。
自分はホームページで写真確認していたのだが、
わりと小さな船でやってくる。
その話をすると友人は少し不安げな表情をうかべる。

再び電話がなる。
防波堤の付近に小さな船がこちらへ向かってくる。
想像通りの小さな船だ。
ほかに客は乗っていないので、貸切のようである。

「男3人ですか?」
とガイドに先手を打たれる。
「午前中は男性3人と、女性2人だったんですけどね。」
それを聞いた友人はがっかりだったけど、
自分としては逆に貸切状態で自由度が高くてうれしい誤算。

しかし、残念なことに、
波が強いので、比較的近場でのスノーケルになるらしい。
まあ中止にならなかっただけでも良しとしなければ。

2day-28(拡大表示) 2day-29(拡大表示)

ボートは竹富島の南側のポイントへ。
北風を影響しての波が強いので、
竹富島が大きな防波堤となって、波がだいぶ穏やかになった。
第一ポイントは竹富島南。

友人ふたりはスノーケリング初体験。
いきなりビーチからではなく、
ボートなので少し緊張感が伝わってくる。
マスクの付け方から、呼吸方法、
フィンのけり方などなど教わっている。

そして海に入る前に潮の流れや、
ポイントなどを教えてくれる。
いきなり足の届かない、捕まる場所もない海に入るわけだから、
安心感もあるし、とてもありがたい。
この時間帯はほとんど潮の流れがないらしい。

いざ海へ…

2day-30(拡大表示)

うわ、珊瑚がある。
この後のポイントに比べれば、珊瑚は少なかったけど、
いままでのビーチスノーケルに比べれば、
珊瑚は格段に多い。
少し太陽の照りが弱いのと、波があるため、
それほどクリアには見えないが、
とてもきれいだった。

いつもなら魚を追いかけて泳いでいくのだが、
この日はほとんどが珊瑚見ながら、
うろうろしているだけで十分楽しい。
この珊瑚を見れただけで、今回の旅行に来てよかったと思えた。

2day-31(拡大表示)

テーブル珊瑚や枝珊瑚も元気。
これだけ珊瑚があれば魚も密集することなく、
全体的にゆうゆうと泳いでいる。

事前情報から今年は石垣島の珊瑚が
1999年以来の大規模な白化現象で危ないと聞いていたので、
見回してみると結構白い珊瑚が多い。
枝珊瑚の白いものは白化しているのか、もともと白いのかわからなかったが、
テーブル珊瑚の白いものは、ミルクのような乳白色で一目でわかる。

2day-34(拡大表示)

しかし、この周辺は夏以降、水温がさがってきたので、
ほとんどの珊瑚が蘇ってきているとのこと。
7月はほとんど台風が来なかったことで水温があがり、
風がほとんどなかったために、波がおこらずに、
水面から直接太陽光線が差し込んできたために温まってしまったらしい。
台風は災害をもたらすだけでなく、
自然の中では大事な役目をしているのだ。

突然正面に、でっかいウツボが泳いできた。
全身をむき出しにしてくる。
普通、岩場に隠れてるのに、全身が見えているものだから、
かなり大きい。
こちらからちょっかいを出さない限り危険はないのだが、
ちょうど鉢合わせになったみたいで、
さすがにびびって横に避けるように逃げた。

そしてその場所に後から友人二人が、
普通に近づいている…
ウツボの存在には気づいていたようだが、
危険生物の一種ということは知らなかったようで、
「そっちいかないほうが〜〜」
と必死に水の中から伝える。

2day-33(拡大表示)

あまりの自分のあわてぶりに友人二人も意味がわかったようで、
必死にこっちに逃げてきた。
その後、大きな体をゆうゆうとくねらせ、
うつぼは泳いでいった。
1mはゆうにありそう。
てか、あの風貌みたら怖くならないだろうか?

このあわてぶりに、
船の上から見守っていたガイドさんは、
何かあったのかと、助けにいく寸前だったらしい。

2day-32(拡大表示)

浅いポイントのせいか、ほとんどが小さい魚。
なかでもデバスズメダイがとても多い。
本当に枝珊瑚に似合う。
原色系や濃淡食の多い魚の中にあって、
パステルカラーの水色の魚体は、
やさしい感じがする。

このポイントで40分間ほど時間があるということだったが、
誰も時計をもってきていないので、たまに顔をあげて、
船を見て確認してくださいとのこと。
するとすでに友人ふたりが船にあがっている…
結果的に時間はたっていなくて、
慣れないスノーケルだったので、早々にあがったらしい。

2day-35(拡大表示)