3日目の朝。
外はまだ暗かったが日の出が見えないかと期待しつつ、
屋上にあがってみた。

ジョードプルの街

左の奥には、ジャスワン・タダがライトアップされている。
今日はそこにもいってみよう。

ジョードプルの街

夜が明ける前のジョードプルの町並みと東の空。
今日の天気もなかなか良さそう。
旧市街地には車も入ってこれないので、ほんと静かな朝だ。

ジョードプルの街

そして背後にはメヘランガル城がそびえている。
太陽が昇る前の空は、
時間とともに独特の色の変化をとげる。
どこか怪しげな青空といった感じ。

ジョードプルの街

部屋の中は熱がこもったままで暑いのだろう。
空気が乾燥しているので、太陽が照っていない時間帯は、
思ったよりも涼しい。
日本の寝苦しい熱帯夜というものは、ラジャスタンにはないだろう。
あちこちの家の屋上で寝ている人々が見える。

地平線に雲が残っているようで、
残念ながら日の出を見る前に、空が明るくなってきてしまった。

ジョードプルの街

人間に出会うよりも、先に牛と出会ってしまった。
迷路のように入り組んだ街中をちょっと散歩でもしてみよう。

ジョードプルの街

オレンジとターコイズブルーのサリー。
とてもカラフルで綺麗な学校の制服。

歩いているのは大半が学生。
結構朝が早くて大変だなあと感じるが、
涼しい時間帯から授業を始めたほうがはかどるんだろう。

ジョードプルの街

バザール周辺も朝はとっても静かで店の準備している風景もない。
朝が遅いところは、東南アジアとは違うところ。
犬さえまだ寝転がっている。

ジョードプルの街

犬は寝ていたけど、牛は早起きのようです。
そして朝ごはんのようです。
草は単に落ちていたのか、誰かがあげたのか・・・
奥にも牛の集団が朝ごはんをあさっていました。

ジョードプルの街

やわらかい朝の日差しが、メヘランガル砦を照らす。
街にどこからも見えるシンボルがあるというのは、
とっても良いことなんだなあと、ふと感じた風景。

ジョードプルの街

牛たちはどこへ向かっているのか。
街中には自然に牛が歩いている。

ジョードプルの街

このあたりは城壁の一部だったのだろうか。
趣のある建物が続き、ゲートのようになっている。

ジョードプルの街

ようやく街中も人が増えてきたかな。
ん、下半身裸の子供が・・・
この後、その場で座り込んでおしっこしてました。

ジョードプルの街

にぎわう水汲み場。
水道の水が飲める日本では、考えられない風景。

日常生活が垣間見えて楽しい散歩だった。
旧市街地は車がとおれる道幅がないので、
たまにとおるオートリキシャー以外は、
生活の音しかしてこない静かな町だった。

調子づいてきたついでに、
このまま朝ごはん食べずに、勢いでメヘランガル砦行ってしまおう。
日中はとても暑くて観光などできないはず。

【旅行実施日:2007年05月01日】
【日記記載日:2007年12月31日】