昨日ドライブしていたときに見つけた
「かわらっこ」という施設で、
四万十川カヤックをすることにした。
9時までに受付してくださいとのことで、
8時に出発したら約30分で到着。

早めにつけつけだけすませ、
濡れてもいい格好に着替えをする。
ようやく持ってきた海パンとラッシュガードが活躍。
ヘルメットとライフジャケットを着用。
各自パドルを持って、
40人乗りぐらいの大型バスで上流まで移動する。
すでにカヤックは別の車によって、
運ばれています。



まずはパドルの使い方。
一度、サイパンでおいてあるカヤックを勝手に使って、
沖のほうまで行ったことがありますが、
きちんと習うのは始めてです。
とはいえ、陸の上ではいまいち感覚が分かりませんが、
「実際にやったらわかりますよ」との事。



で、転覆した場合の処理・・・
これはちょっとびびります。
実際に昨日の雨の影響で、川の水位が1m弱もあがっていて、
昨日よりも濁って流れが速くなっています。
目の前のあたりも、思っていた以上に水が流れています。
途中に、難所があり、

「ん〜半分ぐらいの確立で落ちるかもしれません。
あと落ちたら、まずカヤックから脱出してください。
そしてカヤックにはつかまらずに・・・」

らしいです・・・。
ちょっと真剣に聞いてしまいます。



さて、いよいよ出発です。
結構水は流れていますので、こがなくても、
すいすいと進んでいきます。



スタッフの人がカヌーの上から写真撮影してくれます。
意識するのも変なので、
微妙な距離感が難しいですな〜〜w



天気もどんどん回復してきて、
青空も見えてきました。
寒いかなと思っていたんですが、ちょうどよい感じです。
まさにカヤック日和。

予定よりも、流れがあるために、
勝間の沈下橋に早々の到着。
到着すると暖かいお茶と四万十川瓦せんべいのサービス。



さてさてこれから沈下橋からの飛び込みのようです。
と、男は自分だけだったので、
ここは真っ先に行かないといけないんだろうな・・・
とか考えるほど、ぜんぜんびびらない体質ですw

写真を連射で撮りますからね〜〜と言っていたカメラマンが
撮影が間に合わないほどあっさりと飛んでしまい、
写真が残っていませんでした。
なんじゃそら・・・・

と、ふたたび橋に戻ってきてもう一度飛びます。



少し助走をつけて、
この時点でカメラほうに体はむいていますが、
段差に足をつまずかないように少し足元を見てます・・・



そしてジャンプ〜〜
あ〜恥ずかしいわw



ひゅ〜〜〜ん。
あっという間に落ちていきます。
高さは4mぐらいじゃないですかね。



ざぱーーん。
水の中はみどりっぽく濁ってました。



ライフジャケットがあるので、
そのままプカプカと浮いています。

いや〜〜いい大人が、
ほんと大人気ない飛び方をしてしまいました。
こういう子供の頃に帰ったかのように遊べるのも
醍醐味のひとつなんですけどね。
自分の持っている防水カメラで撮影。